カウェスカル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カウェスカル語
アラカルフ語
話される国 チリ
地域 西部パタゴニアチリ南岸沖、ウェリントン島、南緯49度、プエルトエデンを中心とするチャンネル海峡沿岸部
民族 2,600人のカウェスカル (2002年国勢調査)
話者数 12人(2006年)
言語系統
アラカルフ語族
  • カウェスカル語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 alc
 
テンプレートを表示

カウェスカル語Kawésqar,Qawasqar,カウェシュカル語、カワスカル語)、アラカルフ語 (Alacaluf) は[1]チリ南部で先住民のカウェスカルによって話される絶滅危惧の孤立した言語である。もともと小さな語族の一部で、北部の言語だけが残っている。この言語を話すのは7人だけで、そのほとんどがチリ南西部沖合のウェリントン島に住んでいる[2]

音韻[編集]

母音[編集]

前舌 中舌 後舌
i u
中央 e o
æ a

子音[編集]

歯茎 硬口蓋 軟口蓋 口蓋垂 声門
鼻音 m n ŋ
破裂音 p t t͡ʃ k q ʔ
放出音 t͡ʃʼ
摩擦音 f s h
R音 r - ɾ
接近音 w l j

アルファベット[編集]

使用されているアルファベットは、次の文字を使っている。a, æ, c, c', e, f, h, i, j, k, k', l, m, n, o, p, p', q, r, rr, s, t, t', u, w, x[1]。しかし、方言間の違いが報告されており、いくつかの音は表されていない。

形態と構文[編集]

カウェスカル語は未来、現在、直近過去、直近過去、遠い過去、そして神話的過去の出来事の間の基本的な形態学的対比を含む複雑な文法的時制体系を持っている。

関連項目[編集]

書誌情報[編集]

  • Aguilera Faúndez, Óscar (2001): Gramática de la lengua kawésqar. Temuco: Corporación de Desarrollo Indígena.
  • Clairis, Christos (1987): El qawasqar. Lingüística fueguina. Teoría y descripción. Valdivia: Universidad Austral de Chile [Anejo de Estudios Filológicos 12].
  • Pieter C. Muysken. 2004. The Languages of the Andes. Cambridge Language Surveys. Cambridge: Cambridge University Press.

脚注[編集]

  1. ^ Spelling variants include Kaweskar, Kawaskar, Qawashqar, Kaueskar and Alakaluf, Halakwulup, Halakwalip; other names include Tawókser, Aksanás/Aksana and Hekaine.
  2. ^ Endangered Languages Project” (英語). www.endangeredlanguages.com. 2017年1月24日閲覧。

外部リンク[編集]