メリット・ルーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メリット・ルーレン

メリット・ルーレンMerritt Ruhlen, 1944年 - )はアメリカ言語学者言語の分類、および現生人類の起源と進化についての研究を行っている。 他の言語学者と比べ、ルーレンの研究は比較言語学歴史言語学の主流から外れたものとみなされている。また、彼はジョーゼフ・グリーンバーグの言語分類に対するアプローチの主要な擁護者の一人でもある。

経歴[編集]

1944年、ワシントンD.C.に生まれる[1]ライス大学パリ大学イリノイ大学ブカレスト大学で学ぶ。1973年スタンフォード大学で、ルーマニア語の形態の生成的分析による論文でPhD取得。その後、ジョセフ・グリーンバーグCharles Fergusonが指揮するスタンフォード大学のプロジェクトで数年間助手をつとめる。1994年以降はスタンフォード大学人類学および人類生物学教室で講師をつとめ、マレー・ゲルマンセルゲイ・スタロスティンとともにサンタフェ研究所による人類言語進化プログラムのコーディネーターとなった[2]。2005年からはジェノグラフィック・プロジェクトの諮問委員となり香港城市大学の客員教授に着任した。

研究トピック[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Library of Congress Authorities
  2. ^ Starostin 2004