アレキサンダー・ボビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボビン(2007年)

アレキサンダー・ボビン英語: Alexander Vladimirovich Vovin, ロシア語: Александр Владимирович Вовин, 1961年1月27日 - )は、ロシアサンクトペテルブルク生まれのアメリカ言語学文献学者

経歴[編集]

1983年、レニングラード国立大学(現在のサンクトペテルブルク大学)において構造言語学・応用言語学部の修士課程を修了後、1987年、同大学にて歴史的日本語言語学・日本近代文学専門で博士号を取得した。博士論文では『浜松中納言物語』を扱った。

その後、ロシア科学アカデミー・サンクトペテルブルク東洋学研究所にて次席研究員(1987年 - 1990年)、アメリカ合衆国のミシガン州立大学にて日本語専門の助教授(1990年 - 1994年)、マイアミ大学にて日本語専門の助教授(1994年 - 1995年)の職を経て、1995年にハワイ大学に移り、2003年、教授に昇進した。2014年にはフランス社会科学高等研究院(EHESS)に移った。この間、京都の国際日本文化研究センター(2001年 - 2002年、2008年)、ドイツのボーフム大学(2008年 - 2009年)、東京の国立国語研究所(2012年5-8月)において客員教授を務めた。

日本語歴史的言語学(語源学、形態論、音韻論の観点を中心とする)、奈良時代並びに平安時代の日本語文献学を専門とする。現在手がけているプロジェクトには『万葉集』全巻の英翻訳と注釈がある。

また、西洋におけるアイヌ語研究の先駆者でもあり、内陸アジア言語研究(特に中国語の写本にのみに保存されている言語)や、古代・中期韓国語の文献の研究なども行っている。

主要な著作[編集]

  • A Reconstruction of Proto-Ainu, E.J. Brill, (1993), ISBN 9004099050 
  • A Reference Grammar of Classical Japanese Prose, Routledge/Curzon Press, (2002), ISBN 0700717161 
平安時代の物語の文法。ロイ・アンドリュー・ミラーによる辛辣な書評がある[1]
万葉集巻5の本文・注釈・英語への翻訳。ほかの巻も順次出版されつつある。

脚注[編集]

  1. ^ Miller, Roy Andrew (2003年). “Reviews of Books: A Descriptive Grammar of Early Old Japanese Prose By John R. Bentley; A Reference Grammar of Classical Japanese Prose By Alexander Vovin”. Journal of the American Oriental Society 123 (4): 847-851. JSTOR 3589973. 

外部リンク[編集]