サモエード諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サモエード諸語の地理的分布(黄色の部分)

サモエード語派(サモエードごは)またはサモイェード語派は、ロシア連邦北部に住むモンゴロイドに属するサモエード人ネネツ人)の話す言語群。

ウラル山脈から西方で話される言語的にフィン・ウゴル語派フィンランド語ハンガリー語を含む)とともにウラル語族に属する。

故地(原住地)はウラル山脈以東、アルタイ山脈以西にあるカニン半島からタイミル半島からオビ川エニセイ川流域のミヌシンスク盆地からサヤン山脈におよぶ広大な地域と伝わる。

最も多いネネツ語話者は3万人ほどいるが、その他の言語の話者は数十人から千人程度であり、ほとんどがテュルク諸語モンゴル諸語またはツングース諸語と同化したグループがいたため、すでに死語となってしまった言語も多い。

サモエード諸語は次のような言語を含む。

フィン・ウゴル語派との関連性[編集]

フィン・ウゴル語派とは早期に分かれたと考えられているが、母音調和など共通の性質を多く持つ。

基本的には膠着語で、名詞や、動詞時制主語および目的語人称による変化は接尾辞で示される。

数には単数・双数・複数の区別があり、また名詞の後につける所有接尾辞で所有を表す。これらの変化に伴う子音階梯交替(フィンランド語などと似ている)も一部の言語にある。