サーミ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サーミ語(Sami)
ラップ語(Lappish)
Saami
話される国 フィンランド, ノルウェー, ロシア, スウェーデン
地域 ラップランド
民族 サーミ人
話者数 28,820(1992–2013)[1]
言語系統
ウラル語族
言語コード
ISO 639-1 なし(se は北部サーミ語
ISO 639-2 smi
ISO 639-3 各種:
sma — 南部サーミ語
sju — ウーメ・サーミ語
sje — ピーテ・サーミ語
smj — ルレ・サーミ語
sme — 北部サーミ語
sjk — ケミ・サーミ語
smn — イナリ・サーミ語
sms — スコルト・サーミ語
sia — アッカラ・サーミ語
sjd — キルディン・サーミ語
sjt — テル・サーミ語
Corrected sami map 4.PNG
サーミ語の方言区画図.1:南方言,2:ウーメ方言,3:ピーテ方言,4:ルレ方言,5:北方言,6:スコルト方言,7:イナリ方言,8:キルディン方言,9:テル方言,10:ケミ方言,11:アッカラ(バビノ)方言
テンプレートを表示

サーミ語北部サーミ語: Sámegielat)とは、スカンジナビア半島、および、ロシアコラ半島に住む先住民サーミ人が使用する言語。古くはラップ語の名でも呼ばれていたが、現在この呼称が用いられることはほとんどない。詳しい言語の歴史は不明だが、フィンランド語に近いことから、ウラル語族フィン・ウゴル語派に分類することもできる。方言の差が大きく、それぞれの方言を独立した言語と見なして「サーミ諸語(Sammi languages)」という言い方をされることが多い。ただし、スカンディナヴィア側のサーミ諸方言には共通した文語も多い。以下はその全方言である。

下位区分[編集]

  1. 南部サーミ語:ノルウェー、スウェーデン
  2. ウーメ・サーミ語:ノルウェー(消滅)、スウェーデン
  3. ピーテ・サーミ語:ノルウェー(消滅)、スウェーデン
  4. ルレ・サーミ語:ノルウェー、スウェーデン
  5. 北部サーミ語:ノルウェー、スウェーデン、フィンランド
  6. スコルト・サーミ語:フィンランド、ロシア
  7. イナリ・サーミ語:フィンランド
  8. キルディン・サーミ語:ロシア
  9. テル・サーミ語: ロシア(極少)
  10. ケミ・サーミ語: フィンランド、ロシア(1800年代に消滅)
  11. アッカラ・サーミ語(バビノ方言): ロシア(2003年11月29日に消滅)

(番号1〜9が地図上の番号と対応。10〜11は死語

話者の急激な減少は見られないが、ほとんどの人が自分の住む地域が属す国(ラップランドスウェーデンノルウェーフィンランド・ロシアに属す)の言葉も操るバイリンガルである。

これらの方言の違いは、過去に混血してきた諸民族の言語の影響を受けているからだと言われる。方言が違うと別の言語ともとれるような様相を呈すが、自然環境に関連したボキャブラリーが豊富であるという点で、共通した特徴を持つ。

これらの方言のうち、南部・ルレ・スコルト・イナリ・北部サーミ語はラテン文字で、キルディン・サーミ語はキリル文字で表記する。それ以外は文字を持たない。

脚注[編集]

  1. ^ Southern at Ethnologue (18th ed., 2015) Ume at Ethnologue (18th ed., 2015) Pite at Ethnologue (18th ed., 2015) Lule at Ethnologue (18th ed., 2015) Northern at Ethnologue (18th ed., 2015) Kemi at Ethnologue (18th ed., 2015) (Additional references under 'Language codes' in the information box)