イナリ・サーミ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イナリ・サーミ語
anarâškielâ
話される国  フィンランド
民族 イナリ・サーミ人英語版
話者数 300人(2001年)[1]
言語系統
ウラル語族
表記体系 ラテン文字
少数言語としての承認 フィンランドの旗 フィンランド[2]
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 smn
ISO 639-3 smn
上図の7の地域で話される
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

イナリ・サーミ語(イナリ・サーミご、イナリ・サーミ語: anarâškielâ、: Inari Sami language)はサーミ語の一つである。話者はフィンランドイナリ基礎自治体に居住するイナリ・サーミ人英語版の人々で、大多数は中年またはそれ以上の高齢者である。その話者数は約300人である。

言語名別称[編集]

  • Saami, Inari
  • Anar
  • Finnish Lapp
  • Inari Lappish
  • Lapp
  • Saam
  • Saame
  • Sámi
  • Samic

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Anaras: The Inari Sàmis
  2. ^ To which languages does the Charter apply?”. European Charter for Regional or Minority Languages. Council of Europe. p. 3. 2014年4月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]