ピーテ・サーミ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピーテ・サーミ語
Bidumsámegiella
話される国 ノルウェー, スウェーデン
話者数 25 ~50(2010年)[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 sje
Corrected sami map 4.PNG
3がピーテ・サーミ語
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

ピーテ・サーミ(Pite Sami)はサーミ語の一種である。スウェーデンノルウェーで話されてきた。危機に瀕する言語[2] であり、話者数は25~50人しか残っておらず[1] 、現在はスウェーデン側のArjeplogen:ArvidsjaurArjeplog の北部のピーテ川流域で話される。

脚注[編集]

  1. ^ a b At least 25 speakers in 2010 according to researcher Joshua Wilbur. At least 30 active, native speakers in 2010; at least an additional 20 native speakers who do not use the language actively according to the Pite Sami dictionary project leader Nils Henrik Bengtsson.
  2. ^ UNESCO Interactive Atlas of the World’s Languages in Danger