ペルム諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペルム諸語
話される地域: ロシアウラル山脈西側
言語系統: ウラル語族
 フィン・ウゴル語派
  フィン・ペルム諸語
   ペルム諸語
下位言語:
Lenguas pérmicas.png

ペルム諸語の分布

ペルム諸語(Permic lanuanges)はウラル語族フィン・ウゴル語派の一語群である。ロシアウラル山脈の西側のいくつかの州で話される。話者の総数は約95万人、そのうち約55万人がウドムルト語話者である。ウラル語族の他の言語と同様、ペルム諸語もまた膠着語であるが、母音調和は行わない[1]

最古のペルム諸語は14世紀の古ペルム語英語版または古ジリエーン語である。[1]

含まれる言語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Scheucher, Bernhard. “The Permic Languages”. LanguageServer - the Languages of the World. The University of Graz. 2012年8月22日閲覧。