ネネツ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネネツ語
話される国 ロシア
地域 ネネツ自治管区, ヤマロ・ネネツ自治管区, クラスノヤルスク地方, コミ共和国, ムルマンスク州[要出典]
民族 ネネツ人
話者数 31,300
言語系統
ウラル語族
方言
森林ネネツ語
ツンドラ・ネネツ語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 yrk
テンプレートを表示

ネネツ語ユラク語とも呼ばれた)は、ロシア北部のネネツ人が話す言語である。「森林ネネツ語英語版」と「ツンドラ・ネネツ語英語版」に分けられる。この2つはよく、同じ言語の方言として扱われるが、それらは全く違う言語で、相互理解可能性も大変低い。その二つのうち話者人口が多いのはツンドラ・ネネツ語で、約3万人から4万人[1][2]カニン半島からエニセイ川の辺りに分布している[3]。 森林ネネツ語の話者人口は1000人から1500人ほどで、アガン川プル川リャミン川ナディム川の周辺に分布している[1][2]

ネネツ語は、ウラル語族に分類され、いくつかのヨーロッパの国家言語(すなわち、フィンランド語エストニア語ハンガリー語など)や他のロシアの少数言語と遠い親戚関係にある。また、2種のネネツ語はともにロシア語に大いに影響を与えており、コミ語ハンティ語などは、ツンドラ・ネネツ語や森林ネネツ語からの影響が見られる。ツンドラ・ネネツ語は、先住民の言語で少数言語であるにもかかわらず、しっかりと記録がされており、1930年代にさかのぼる文学伝統も持っている。一方、森林ネネツ語が初めて書かれたのは1990年代で、しかもとても小規模である[2]

ちなみに、英語の「parka」は、ネネツ語から来ており、パーカーは元々、彼らの伝統の、動物の毛皮等から作った長いフード付きの上着だった[4][5]

ネネツ語共通の特徴[編集]

ネネツ語の特徴は、ほとんど全ての子音において組織的な口蓋化が起こることである。これは原始サモエード諸語の、異なる母音の特性の間にある著しい差異から起こる[6]

  • *Cä, *Ca → *Cʲa, *Ca
  • *Ce, *Cë → *Cʲe, *Ce
  • *Ci, *Cï → *Cʲi, *Ci
  • *Cö, *Co → *Cʲo, *Co
  • *Cü, *Cu → *Cʲu, *Cu

軟口蓋音の *k と *ŋ はさらに、口蓋化した時に *sʲ と *nʲ に変わる。

ツンドラ地域で話される他のサモエード諸語(エネツ語、ヌガナサン語、そして消滅言語のユラツ語)でも同じような変化が発生する。

ツンドラ・ネネツ語と森林ネネツ語の違い[編集]

ツンドラ・ネネツ語は、森林ネネツ語よりも初期のネネツ語の形が残っている。また、その音韻体系は東ハンティ方言の影響を受けているが、以下のような、変化も見られている[7][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ethnologue
  2. ^ a b c Tapani Salminen, Farrell Ackerman (2006). “Nenets”. In Keith Brown. Encyclopedia of Languages & Linguistics. 8 (2 ed.). オックスフォード, イングランド: エルゼビア. pp. 577–579. 
  3. ^ Peter Staroverov (2006). Vowel deletion and stress in Tundra Nenets. モスクワ, ロシア. p. 1. 
  4. ^ "parka" in Merriam-Webster Online Dictionary
  5. ^ Alex Games (2007). Balderdash & Piffle: One Sandwich Short of a Dog's Dinner. ロンドン: BBC. ISBN 978-1-84607-235-2. [要高次出典]
  6. ^ a b Sammallahti, Pekka (1988), “Historical phonology of the Uralic languages, with special reference to Samoyed, Ugric, and Permic”, in Denis Sinor, The Uralic Languages: Description, History and Foreign Influences, Leiden: Brill, pp. 478–554 
  7. ^ Salminen, Tapani (2007), “Notes on Forest Nenets phonology”, Mémoires de la Société Finno-Ougrienne (ヘルシンキ, フィンランド: Suomalais-Ugrilainen Seura) 253, http://www.sgr.fi/sust/sust253/sust253_salminen.pdf 

外部リンク[編集]