ヴェプス語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェプス語
vepsän kel’
話される国 ロシアの旗 ロシア
地域 カレリアイングリアヴォログダ州、Veps National Volost
民族 ヴェプス人
話者数 3,610人(2010年)[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字 (Vepsian alphabet)
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 vep
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

ヴェプス語ウラル語族フィン・ウゴル語派バルト・フィン諸語に属す言語。ロシアサンクトペテルブルク近くで少数民族ヴェプス人(Veps/Vepsians:1970年代末のソ連の統計では8千人)によって話されている。

北部(オネガ湖付近)、中部(サンクトペテルブルク付近)、南部(ヴォログダ州)の3方言に分けられるが、これらは相互理解可能。一方で、北部方言はカレリア語の方言と見なされることもある。

言語名別称[編集]

  • ヴェプシ語
  • ヴェプセ語
  • Chudy
  • Chuhari
  • Chukhari
  • Vepsian

方言[編集]

  • Southern Veps (vep-sou)
  • Prionezh (vep-pri)
  • Central Veps (vep-cen)

文字[編集]

ラテン文字を使用する。

A a [aa] B b [bee] C c [cee] Č č [čee] D d [dee] E e [ee]
F f [äf] G g [gee] H h [hoo] I i [ii] J j [jii] K k [koo]
L l [äl] M m [äm] N n [än] O o [oo] P p [pee] R r [är]
S s [äs] Š š [šaa] Z z [zee] Ž ž [žee] T t [tee] U u [uu]
V v [vee] Ü ü [üü] Ä ä [ää] Ö ö [öö] ’[pehmituzznam]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]