ケミ・サーミ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケミ・サーミ語
話される国 フィンランド
消滅時期 1900年代
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 sjk
Linguist List sjk
Glottolog kemi1239[1]
テンプレートを表示

ケミ・サーミ語(ケミ・サーミご、Kemi Sami)はフィンランドラップランドの最南部で話されていたサーミ語の一種である。イナリ・サーミ語スコルト・サーミ語とは方言連続体を形成していた。消滅して100年以上たつが、いくつかの記録が残っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Kemi Sami”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/kemi1239 
  2. ^ Äima, F, Itkonen, T.I. 1918: Jacob Fellmanin muistiinpanot Sompion ja Kuolajärven lapin murteista. Suomalais-Ugrilaisen Seuran Aikakauskirja 30 p. 1-91.