マトル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マトル語
話される国 ロシア
消滅時期 1839年
言語系統
方言
マトル方言
Taygi方言
Karagas方言
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 mtm
Linguist List mtm
  ymt
テンプレートを表示

マトル語(Mator language)またはモトル語(Motor language)はウラル語族サモエード語派に属す言語。1840年までに死語となった。シベリアサヤン山脈北部、モンゴルとの隣接地域で話された。マトル語の話者はエニセイ川流域のミヌシンスク東部からバイカル湖地域までの広い範囲で話された。3方言が記録されている。(マトル方言、Taygi方言、Karagas方言)

今日「マトル人」はコイバル人ハカス人の5部族のうちの一)を指す。

マトル語はセルクプ語カマス語と共に南サモエード語群に括られる。しかしながら、これは地域的区分であって、サモエード語派内の系統関係に則した区分ではないと考えられている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]