アルタイ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルタイ山脈
Altai,Tienschan-Orte.png
アルタイ山脈の位置
所在地 ロシアの旗 ロシア
モンゴルの旗 モンゴル
カザフスタンの旗 カザフスタン
中華人民共和国の旗 中国
最高峰 ベルーハ山 (4,506m)
延長 2,000km
600km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
ロシア、カザフスタン、モンゴルから中国にかけての山岳

アルタイ山脈(アルタイさんみゃく)は西シベリアモンゴルにまたがる山脈

名称[編集]

モンゴル語で「金の山」を意味する алт-тай, Altai.png(直訳すると「金とともに」)より。

言語のグループアルタイ諸語はこの名に由来する。

地理[編集]

東は、塩水湖のウヴス・ヌールキヤールガス・ヌール英語版ドルゴン・ヌール英語版や、淡水湖のen:Khar-Us Lakeen:Khar Lake (Khovd)en:Airag Lakeなど、多くのが点在する北西モンゴル台地Ubsunur HollowGreat Lakes Depression)に接する。雪線はアルタイ山脈の東部分で1875m、西の方では北側約2010m、南側約2340mであり、雪線を越す峰は多い。

周辺の住民[編集]

シベリア側はロシア人カザフ人などが農牧を営み、モンゴル側には遊牧キルギス人が住む。

産出鉱物[編集]

かつてはなどを産したが、乱掘による枯渇のため現在では重要でなくなった。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]