ゴマノハグサ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴマノハグサ科
Scrophularia nodosa8.jpg
Scrophularia nodosa
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
  • 本文参照

ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)は、双子葉植物に属するのひとつ。草本または低木(キリは高木)からなり、220-300属、4000-4500種を含む(ただし後述のように新しいAPG植物分類体系ではその多くが他の科に移されている)。世界的に分布し特に温帯や熱帯の高山に多い。は左右相称、花弁は合着して4-5裂し、シソ科に似た唇状、あるいは筒状になるものもある。果実は2つに裂ける。

ジギタリス(強心剤)、ジオウ(地黄:漢方薬)などの薬用植物を含む。またキンギョソウカルセオラリアなど花が美しいものは観賞用に栽培される。

おもな属[編集]

星印はAPG植物分類体系で別科とされたものである。

以下はゴマノハグサ科に含めることもあるが、新エングラー体系およびクロンキスト体系ではグロブラリア科としている:

ムラサキサギゴケ.JPG Kuwagataso.JPG Culver's physic.jpg ビロードモウズイカ Verbascum thapsus.jpg
ムラサキサギゴケ クワガタソウ クガイソウ ビロードモウズイカ

APG植物分類体系[編集]

近年の研究では、ゴマノハグサ科はさまざまな系統からなるいわゆる「寄り合い所帯」であることが明らかになってきた(系統樹を参照)。

次の属は従来ゴマノハグサ科とされていたが、新しいAPG植物分類体系では他の科へ移されている(ただし研究は進行中で、さらに変わる可能性もある):

キンギョソウ
ジギタリス
  • Antirrhinum キンギョソウ属、Bacopa ウキアゼナ属、Digitalis ジギタリス属、Dopatrium アブノメ属、Ellisiophyllum キクガラクサ属、Globularia グロブラリア属、Gratiola オオアブノメ属、Lagotis ウルップソウ属、Limnophila シソクサ属、Limosella キタミソウ属、Linaria ウンラン属、Lindernia アゼナ属、Nemesia ネメシア属、Russelia ハナチョウジ属、Penstemon イワブクロ属、Scoparia セイタカカナビキソウ属、Veronica クワガタソウ属、Veronicastrum クガイソウ属 など -> オオバコ科
  • Calceolaria キンチャクソウ属 -> カルセオラリア科として独立
  • Euphrasia コゴメグサ属、Lathraea ヤマウツボ属、Melampyrum ママコナ属、Monochasma クチナシグサ属、Pedicularis シオガマギク属、Phtheirospermum コシオガマ属、Siphonostegia ヒキヨモギ属 など(寄生植物) -> ハマウツボ科
  • Mazus サギゴケ属、Mimulus ミゾホオズキ属 など -> ハエドクソウ科
  • Paulownia キリ属 -> キリ科として独立

また従来別科とされていた次の属がゴマノハグサ科に移されている:

系統樹[編集]

APG分類体系のシソ目系統樹を示す。詳細については議論があり必ずしも確定的なものではないが、旧ゴマノハグサ科は少なくとも太字の数グループに分けられる。科名は系統に基づく新分類、カッコ内は旧分類。










ハマウツボ科(旧ゴマノハグサ科の多くを含む)



キリ科(旧ノウゼンカズラ科またはゴマノハグサ科)




ハエドクソウ科(旧ゴマノハグサ科の多くを含む)



シソ科(旧クマツヅラ科の一部を含む)




ゴマ科キツネノマゴ科





ノウゼンカズラ科タヌキモ科



シュレーゲリア科(旧ゴマノハグサ科)




クマツヅラ科ツノゴマ科





ゴマノハグサ科(旧フジウツギ科、ハマジンチョウ科も含む)



スティルベ科(旧クマツヅラ科)




オオバコ科(旧ゴマノハグサ科の多くとアワゴケ科、スギナモ科、グロブラリア科を含む)




イワタバコ科




カルセオラリア科(旧ゴマノハグサ科)




モクセイ科



(R. G. Olmstead et al.: American Journal of Botany 2001;88:348-361、K. Müller et al.: Plant biol (Stuttg) 2004;6:477-490等による)

参考文献[編集]

  • 豊国秀夫 『日本の高山植物』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1988年9月、163-187頁。ISBN 4-635-09019-1
  • 林弥栄 『日本の野草』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2009年10月、166-193頁。ISBN 9784635090421

外部リンク[編集]