エヴェンキ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヴェンキ語
Эвэнки Evenki
話される国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
ロシアの旗 ロシア
モンゴルの旗 モンゴル
地域 東アジア
民族 エヴェンキ
母語話者数 約29,000人
言語系統
アルタイ諸語
表記体系 キリル文字ラテン文字モンゴル文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 evn
消滅危険度評価
危険 (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

エヴェンキ語ロシア語Эвенкийский язык)又はソロン語は、エヴェンキ族が話す言語ツングース諸語では話者の1番多い言語で、話者は約2.9万人。エヴェンキ族の居住地域はロシア中華人民共和国モンゴルの3ヶ国に跨る。1930年代以前は現在のエヴェン語と併せてツングースと呼ばれていた。

エニセイ川以東でバイカル湖以北に居住する人々はエヴェンキЭвэнки)と自称する。バイカル湖以西の高地に住む人々はオロチョンЭвэнки、意味は“オルホン川の人々”或いは“馴鹿の飼育を生業とする人々”)と自称する。ブリヤート共和国一帯に住む遊牧民は“ムルチェン”(Морчэн、意味は“馬上の人々”)と自称する。ビュリュイ川流域に住む人々は“ビラルチェン”(Бирарчэн、意味は“川の人”)と自称する。中国、ロシア国内のオロチョンの言語とエヴェンキ語の東部方言について類似がみられる。北京当局はオロチョン族はエヴェンキ族から独立した民族で、オロチョン語はエヴェンキ諸語の一つとし、ロシア当局は二つは同一民族、同一言語、オロチョン語はエヴェンキ語のオロチョン方言(Орочонский диалект)としている。

話者は中国内モンゴル自治区エヴェンキ族自治旗ホロンバイル市黒龍江省訥河市、モンゴルセレンゲ県、ロシアクラスノヤルスク地方等に分布する。中国、モンゴル国内のエヴェンキ語は中国語モンゴル語満洲語よりの借用語が多い。清朝時代には清朝はソロン人(他にダウール族ホジェン族も含む)の満州族化を企図したことがあった。現在のエヴェンキ族の言語においての漢族化の程度は他のいくつかの少数民族(ダウール族、満洲族、満洲のシボ族)と比べて相対的に低い。ロシア国内のエベンキ族の言語においてのロシア化は進んでおり、1992年の調査時では29,901人のエヴェンキ族中で約30%の人々のみがエヴェンキ語を使用し、多くの人々はロシア語しか話せない、或いはロシア語、ヤクート語の併用、ロシア語、ブリヤート語との併用で民族におけるエヴェンキ語の地位が低下している。ロシアのエヴェンキ語の主な借用語はロシア語、ヤクート語、ブリヤート語、エヴェン語で、僅かだがユカギール語、コリャーク語、チュクチ語からの借用語もある。

中国、モンゴルのエヴェンキ語はハイラル、旧バルガ、オルグの三つの方言に分かれる。ロシアのエヴェンキ語は南部方言、東部方言、北部方言の三大方言に分かれ、約50種類の土語がある。その中でも南北の方言は似通っているが、東部方言と南北方言との差異は比較的大きい。ロシアにおけるエヴェンキ語の標準発音及び綴りは話者が多い南部方言が採用された。1930年から1952年にかけて南部方言のニエフスキー土語を標準発音に採用したが、1940年代にニエフスキーのエヴェンキ人の人口が急速に減少、エヴェンキ族の文化と言語の中心的地位を失った。1952年サハリン州沿海州の経済が急速に発展したのに伴い、東部のエヴェンキ人とその他のエベンキ人とが隔絶される状況となり、東部方言は南北の二方言との乖離が始まり、サハリン州北西土語が東部の標準的なエヴェンキ語となり、地区の小中学校での教育が展開された。

音韻表[編集]

中国のエヴェンキ語においては自らの文字を持たず、牧畜地区ではモンゴル文字による筆記[1]、農耕地区や森林地区では筆記方法は無く、漢文を用いる。語学研究資料及び教科書においては国際音声記号や中国が定めたラテン文字への転写法を採用した。一方ロシアにおいては1930年から1931年にかけてエヴェンキ語のラテン文字転写を始め、1936年から1937年にかけてキリル文字転写に改められた。

キリル文字転写
А а Б б В в Г г Д д Е е Ё ё Ж ж
З з И и Й й К к Л л М м Н н Ӈ ӈ
О о П п Р р С с Т т У у Ф ф Х х
Ц ц Ч ч Ш ш Щ щ Ъ ъ Ы ы Ь ь Э э
Ю ю Я я
ラテン文字転写
A a
/a/
B b
/b/
C c
/ts/
D d
/d/
E e
/ə/
Ē ē
/e/
F f
/f/
G g
/ɡ/

/ɣ/
H h
/x. h/
I I
/i/
J j
/dʒ/
K k
/k/
L l
/l/
M m
/m/
N n
/n/
Ng ng
/ŋ/, /ˠ/
Ɵ ɵ
/ɔ/
O o
/ʊ/
P p
/p/
Q q
/tʃ/
R r
/r/
S s
/s/
T t
/t/
U u
/u/
V v
/ɵ/
W w
/w/
X x
/ʃ/
Y y
/j/
Z z
/dz/

参考資料[編集]

  1. ^ Indiana University Department of Central Eurasian Studies
  • 《中国少数民族语言》,聂鸿音,北京,语文出版社,2003年,ISBN 978-7-80184-780-5
  • 俄罗斯境内满—通古斯民族及其语言现状,杨衍春,《满语研究》,2008年第1期(总第46期),中央民族大学少数民族语言文学系,北京,2007年6月30日

外部リンク[編集]