オロチ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オロチ語
話される国 ロシアの旗 ロシア
地域 ハバロフスク地方
民族 オロチ
話者数 160人
言語系統
表記体系 キリル文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 oac
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

オロチ語(オロチご、: О́рочский язы́к)は、ツングース諸語南ツングース語派に属する言語で、ロシア極東に居住するツングース少数民族であるオロチが話す。ナナイ語ウデへ語に近縁。

ハバロフスク地方コムソモリスク地区ソヴィエツカヤ・ガヴァニ地区ウリチ地区に分布する。2002年全ロシア国勢調査によれば、オロチ語の話者数は257人であるが、実際は160人を割っていると考えられる。この言語は大別して、トゥムニナ(тумнинский)、ハジ(хадинский)、フンガリ(хунгарийский)、以上3つの方言に分かれる。

2000年代初頭に、オロチ語の正書法が制定され、教科書が出版された。

文字[編集]

А а Б б В в Г г Д д Е е Ё ё Ж ж
З з И и Й й К к Л л М м Н н Ӈ ӈ
О о П п Р р С с Т т У у Ф ф Х х
Ц ц Ч ч Ш ш Щ щ Ъ ъ Ы ы Ь ь Э э
Ю ю Я я

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Абрамова Г. С. Картинный словарь орочского языка. СПб., 2002, изд-во «Дрофа»

関連項目[編集]

外部リンク[編集]