オロチ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オロチ語
話される国 ロシアの旗 ロシア
地域 ハバロフスク地方の旗 ハバロフスク地方
民族 オロチ
話者数

8人 (2010年国勢調査)[1]

0人[2]
言語系統
アルタイ語族
表記体系 キリル文字
言語コード
ISO 639-1 --
ISO 639-2 --
ISO 639-3 oac
Glottolog oroc1248[3]
テンプレートを表示

オロチ語(オロチご、オロチ語: Орочи кэсэни[4]ロシア語: О́рочский язы́к)は、ツングース諸語南ツングース語派に属する言語で、ロシア極東ハバロフスク地方に居住するツングース系民族であるオロチが話す。ナナイ語ウデへ語に近縁。

ハバロフスク地方コムソモリスク地区ソヴィエツカヤ・ガヴァニ地区ウリチ地区に分布する。2002年全ロシア国勢調査によれば、オロチ語の話者数は257人であるが、実際は160人を割っていると考えられる。この言語は大別して、トゥムニナ(тумнинский)、ハジ(хадинский)、フンガリ(хунгарийский)、以上3つの方言に分かれる。

2000年代初頭に、オロチ語の正書法が制定され、教科書が出版された。

2016年の研究[2]によると、オロチ語は既に死語になったという報告が出されている。

文字[編集]

А а Б б В в Г г Д д Е е Ё ё Ж ж
З з И и Й й К к Л л М м Н н Ӈ ӈ
О о П п Р р С с Т т У у Ф ф Х х
Ц ц Ч ч Ш ш Щ щ Ъ ъ Ы ы Ь ь Э э
Ю ю Я я

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Перепись-2010
  2. ^ a b Е. В. Перехвальская. Орочский язык. — Язык и общество. Энциклопедия. — М. : "Азбуковник", 2016. — С. 339—342. — 872 с. — ISBN 978-5-91172-129-9.
  3. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “オロチ語”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/oroc1248 
  4. ^ Серия Языки малочисленных народов Дальнего Востока -- Электронное фонетическое справочное пособие по орочскому языку -- ОРОЧИ КЭСЭНИ -- По заказу министерства природных ресурсов Хабаровского Края ООО «Портал Хабаровск» 2010

参考文献[編集]

  • Абрамова Г. С. Картинный словарь орочского языка. СПб., 2002, изд-во «Дрофа»

関連項目[編集]

外部リンク[編集]