ナナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナナイ
ナナイ語 Нанай, Нанайэ
ロシア語 нанайцы
中国語 赫哲
総人口
推計18,000人
居住地域
ロシアの旗 ロシアハバロフスク地方 12,160人
中華人民共和国の旗 中国黒竜江省 5,354人
 ウクライナ 42人
言語
ナナイ語ロシア語中国語
宗教
チベット仏教シャーマニズム
デルス・ウザラ

ナナイNanai)は、ツングース系民族。分布は主にアムール川(黒竜江)流域で、ロシア国内に約1万人で、中国国内にも居住している。2004年人口調査時の中国国内人口は約4640人。中国国内のナナイはホジェン族(Hezhen;赫哲拼音: Hèzhéホーチョ)と呼び、55の少数民族の一つとして認定されている。

ロシアに住んでいるナナイは、一部がロシア人との混血が進んでいる。

名称[編集]

ナナイの内名(自ら使用する民族名)は「キルン([kilən]、ナニオ、ナブイ)」または「ホジェン([χədʑən]、ナナイ)[1]である。「ナ」は「土地、地面、国、地元」を表し、「ニオ、ブイ、ナイ」は様々な方言で「人」と意味する。

ロシアの言語学者L.I.セム(Сем Л. И.、L. I. Sem)がキリル文字で「ホジェン([χədʑən]」をхэǯэ най (Hezhe nai) or хэǯэны (Hezheni)と表し、アムール川(黒竜江)流のナナイの内名であり「川の下流に住む人々」と言う意味だと説明した[2]。これが中国名でナナイを"黑斤" (Heijin), "赫哲哈喇" (Hezhehala)、現代中国語で"赫哲" (Hezhe)と呼ぶ語源となっている[3]


特徴[編集]

河川でのサケマス漁などの漁労が民族の特徴的な生業で、中国ではキャビア採取のためなどのチョウザメ漁も行う。シャーマニズムを信仰し、生活の一部が観光化されてもいる。

漁労が代表的な生業であるため、食生活は食が中心である。日本人が刺身を食べるのと同様に、切り分けた魚肉を生食する食習慣を持つ。かつては生の魚肉を調味料香辛料を用いずにそのまま食べていたが、現在では生の魚肉を醤油唐辛子などの調味料・香辛料で味付けして食べる。

かつては、河川の近くに穴を掘りを用い、半地下式住居を建造して日常の住居としたが、現在そのような住居は漁労の際の臨時の寝泊りのために建てるのみで、日常の住居は近辺に居住するロシア人または漢族の住居と同様のものとなっている。

かつてはサケマスなどの皮から魚皮衣を製作してからの普段着として着用し、漢族から魚皮韃子(ユイピーダーズ)・魚皮套子(ユイピータオズ)と称されたが、現在魚皮衣製作は、結婚の際の嫁入り道具として、または博物館への出品のためたまに行うのみであり、日常的に着用する衣服ではなくなっている。

かつてはゴリドと呼ばれ、ロシア軍人ウラディミール・アルセーニエフの『デルス・ウザラ』[4]の主人公に描かれている。(黒澤明1975年に日ソ合作で監督した映画デルス・ウザーラ』の原作である。)

著名なナナイ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ Ān Jùn 安俊: Hèzhéyǔ jiǎnzhì 赫哲语简志 (Introduction to the Hezhen language; Běijīng 北京, Mínzú chūbǎnshè 民族出版社 1986). Page 1.
  2. ^ Сем Л. И. (L. I. Sem) "Нанайский язык" (Nanai language), in "Языки мира. Монгольские языки. Тунгусо-маньчжурские языки. Японский язык. Корейский язык" (Languages of the World: Mongolic languages; Tunguso-Manchurian languages; Japanese language; Korean language). Moscow, Indrik Publishers, 1997. ISBN 5-85759-047-7. Page 174. L.I. Sem gives the self name in Cyrillic, as хэǯэ най or хэǯэны
  3. ^ Hezhe, Talk about the history of the Chinese ethnics
  4. ^ ISBN 978-4092510456