ネギダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネギダール、ネギダル、アムグニ・ツングース
Negidal
総人口
567人
居住地域
ロシア
言語
ロシア語ネギダール語
宗教
正教シャーマニズム
関連する民族
エヴェンキエヴェン

ネギダールロシア語: Негидальцы英語: Negidals)は、ツングース系民族の一つで、主にロシア国内の極東連邦管区アムグン川アムール川沿岸に居住する。「ネギダル」とも表記されるほか、「アムグニ・ツングース」という名称もある。

ツングース・満州語[1]の中でもエヴェンキ語に近いネギダール語という言語を持つ。2002年全ロシア国勢調査によると、ロシア国内に567人が暮らし、その内の147人がネギダール語を話している。

近年は、一部がロシア人との混血が進んでいる。

概要[編集]

かつてはアムール川の河口地域と左岸支流のアムグン川流域に広く住んでいた。1989年には約500人ほどで、アムグン川でサケ・マス猟を中心とした漁撈生活を送る。 自分たちを「土地の人」という意味の、エルカン・ヴェイェニン(Elk’an beyenin)、エレケム・ヴェイェ(Elekem beye)と呼ぶ。ネギダールという呼称は、エヴェンキ語のngegida(nge=山の麓、海岸、gida=側)からきた。エヴェンキ族は、この呼び名をネギダール族だけではなく、ナーナイ族やウリチ族に対しても使った[1]


歴史[編集]

ネギダール族の起源は、ニヴフ族やナーナイ族、ウリチ族と混血したエヴェンキ族と考えられる。[1]

生活[編集]

19世紀にアムール川流域とサハリンで最初の学術調査を行ったL.シュレンクは、漁撈に携わるギリヤーク(ニブフ)族が、夏は魚の集まる海や川のそばに暮らし、冬は悪天候を避けられる地に移動すると述べている。夏と冬と分けて住むとはいえ、どちらも定住地である。このように夏冬で住処を変える生活は、ネギダール族をはじめ、ウリチ族、オロチ族、ナーナイ族にもサハリンアイヌも行っている。[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 荻原, 真子、三上, 次男 『東北アジアの民族と歴史』山川出版社〈民族の世界史 3〉、1989年。ISBN 4-634-44030-X 

関連項目[編集]