エヴェンキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エヴェンキ人から転送)
Jump to navigation Jump to search
エヴェンキ
Evenk family in the early 1900s.jpg
総人口
6万〜6万7000人
居住地域
ロシアの旗 ロシア 35527人(2002年)
中華人民共和国の旗 中国 約3万人(2000年)[1]
モンゴルの旗 モンゴル 1000人(1995年)[2]
言語
ロシア語エヴェンキ語
宗教
アニミズム正教会チベット仏教
関連する民族
エヴェンオロチョン族オロチネギダール
エヴェンキの住居。ウラン・ウデの民族博物館の展示。

エヴェンキロシア語 Эвенки(Evenki), 中国語 鄂温克族拼音: Èwēnkè Zú))は、ツングース系民族の一つで、主にロシア国内のクラスノヤルスク地方にある旧エヴェンキ自治管区地域に居住する。ほか、ロシア国内ではサハ共和国などにも居住し、中国国内でも興安嶺山脈周辺の内モンゴル自治区エヴェンキ族自治旗黒竜江省などに居住している。エベンキとも表記される。

概説[編集]

同系統のオロチョン族テュルク系ヤクート族ウラル系サモエード人ユラツ人)と複雑に混血を繰り返して生活を営んでいた。

エヴェンキの民族を代表する生業は狩猟トナカイ遊牧で、狩猟では皮革採取や内臓の食用のために鹿類、テンなどが捕獲の対象である。狩猟の際の移動にはトナカイに騎乗し、トナカイで荷物も運搬する。交配のための種雄を除き、のトナカイには去勢を行なう。トナカイはそのほか、飲用に利用するほか、その肉・内臓を食用・飲用とし、中国では漢方薬として袋角[1]採取も行う。基本的にトナカイの飼育・管理は女性の仕事であり、男性が狩猟に専念しやすくなっている。

古来からあるエヴェンキの伝統的な住居はオロチョン族とヤクート族と同様に、比較的細い白樺などの幹を何本も組んで、その外部を、はトナカイなどの毛皮、には樹皮で覆った、円錐形の天幕式住居である。現在では定住化のため、ベースとなる住居は近隣のロシア人漢族と同様のものだが、狩猟や、地衣類の豊富な場所へのトナカイの移動で、ベースの住居を離れねばならない場合、伝統的な天幕式住居またはその他のテントを設置して野営する。

ロシアとの関係[編集]

伝統宗教シャーマニズムだが、帝政ロシア時代のロシア正教会宣教師による布教など、ロシア人の影響から、シャーマニズムと併せて正教を信仰する者もいる。また、ロシアのみならず中国のエヴェンキも、かつてはロシア人と交易を行い、毛皮と引き換えに生活用品や散弾小麦粉を入手した。

ロシア人との交流のため、ロシア国内・中国国内のエヴェンキともに食生活にもロシアの影響があり、小麦粉よりパンを焼いて食べ、紅茶を飲用し、紅茶にトナカイの乳も加える。また、中国国内のエヴェンキ女性にもロシア風のスカーフを被る人がいるなど、着衣もロシアの影響が大きい。

現在は、生活様式がほぼロシア化して、一部がロシア人との混血が進んでいる。

中国との関係[編集]

海蘭察

エヴェンキは清帝国によってソロン八旗(: 索倫: солоны)に取り入れられ、乾隆帝十全武功での活動が確認できる[2]

エヴェンキ出身の武将としては海蘭察中国語版が有名で、清・ジュンガル戦争清・ネパール戦争などで活躍した。彼は清の正規軍が敵の不正規戦に対処しきれない現実のなか、エヴェンキ族で構成された部隊を率いて、部隊を指揮した[3]

著名人[編集]

遺伝子[編集]

エベンキのY染色体ハプログループC2が67.7%、Nが19.8%である[4]

脚注[編集]

  1. ^ 生え変わったばかりのまだ皮膚に覆われた角。
  2. ^ 清史稿 巻331 列伝一百十八
  3. ^ 清史稿 巻331 列伝一百十八
  4. ^ Tambets, Kristiina et al. 2004, The Western and Eastern Roots of the Saami—the Story of Genetic “Outliers” Told by Mitochondrial DNA and Y Chromosomes

関連項目[編集]

外部リンク[編集]