ケレク人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケレク人
総人口
4 (2010年国勢調査)
居住地域
ロシアの旗 ロシア 4[1]
言語
チュクチ語, ロシア語
宗教
シャーマニズム
関連する民族
コリヤーク人

ケレク人(Kerek)は、ロシアの民族である。チュクチ・カムチャツカ語族に属すケレク語を話す。人種はモンゴロイドに属し、1897年には102人のケレク人がいたが、2002年には8人に減り、2010年の国勢調査では、ロシア内に民族としては4人しか残っていない。20世紀中、ケレク人はチュクチ人に吸収されてきた。

言語[編集]

ケレク語が母語であったが、もう話されていない。現在のケレク人はチュクチ語ロシア語を話す。ケレク語はコリヤーク語に近く、その方言としてみなされる場合もある。

生活[編集]

ケレク人の生活は狩猟採集漁撈であり、野生のシカや山ヤギを狩り、犬ぞりに乗って海の遠くまで出向いて海産哺乳類を得ていた。宗教はシャーマニズムである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]