モゴール人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モゴール人
総人口
40,000(1990年代)
居住地域
アフガニスタンの旗 アフガニスタンヘラート州
言語
モゴール語
宗教
イスラム教スンニ派
関連する民族
モンゴル人, ハザーラ人

モゴール人(Moghol)は、アフガニスタンヘラート州に定住するモンゴル系民族

概要[編集]

13世紀にアフガニスタン北西部に駐屯したチンギス・カンの軍に起源を持つとされる[1]アフガニスタンの民族。 主に、ヘラート州のクンドゥール(Kundur)とカレジズィ・ムッラー(Karez-i-Mulla)という2村間に居住する。モゴール人はシャージャハーン(Shahjahan)とも呼称されるが、これはムガル帝国シャー・ジャハーンの軍にモゴール人が参加したためである。

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • Iwamura and Schurmann (1954) Notes on Mongolian Groups in Afghanistan, Silver Jubilee Volume of the Zinbun Kagaku Kenkyusyo, Kyoto University.
  • 岩村忍(1955)『アフガニスタン紀行 モゴール族の村を求めて』朝日新聞社
  • 梅棹忠夫(1956)『モゴール族探検記』岩波書店
  • 梅棹忠夫、岩波書店編集部(1956)『アフガニスタンの旅』岩波写真文庫 202、岩波書店
  • Schurmann, H. F. (1961) The Mogols of Afghanistan, The Hague.

関連項目[編集]