根河市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 内モンゴル自治区 根河市
敖魯古雅エヴェンキ民族郷付近の林
敖魯古雅エヴェンキ民族郷付近の林
簡体字 根河
繁体字 根河
拼音 Gēnhé
カタカナ転写 ゲンホー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
地級市 フルンボイル市
行政級別 県級市
面積
総面積 19,659 km²
人口
総人口(2004) 17.2 万人
経済
電話番号 0470
郵便番号 022350
行政区画代碼 150785
公式ウェブサイト http://www.genhe.gov.cn/

根河市(こんが-し)は中華人民共和国内モンゴル自治区フルンボイル市東北端、大興安嶺の西斜面に位置する県級市黒竜江省に隣接する。

歴史[編集]

代にはこの辺りはソロン部(索倫部)の狩猟地だった。

1921年に室韋、奇乾の二つの県を設けた。

1933年に二県を廃してエルグネ(額爾古納)左旗とエルグネ(額爾古納)右旗を置いた。

1948年に左右両旗を合併してアルグン(額爾古納)旗としたが1966年再び左、右両旗に分かれる。

1994年両旗は同時に撤旗設市して左旗は域内を流れる「根河」(ru)に由来するの駐地である根河鎮から名を採って根河市という名となり、右旗はアルグン市(額爾古納市)となった。

現在はフルンボイル(呼倫貝爾)地級市に属している。

地勢[編集]

根河市は大興安嶺の中腹にあって73%を森林が覆っている。平均気温-5℃、降水量294mm。経済は林業が主で、伐採、製紙、印刷、農機具製造などの関連産業がある。近年は生態バランスを保持するため天然林の保養措置を行なったので根河の経済力は低下している。

行政区画[編集]

  • 街道:河東街道、河西街道、森工街道
  • 鎮:金河鎮、阿竜山鎮、満帰鎮、得耳布爾鎮
  • 郷:敖魯古雅エヴェンキ民族郷

外部リンク[編集]