武川県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 内モンゴル自治区
武川県
市街地の様子
市街地の様子
簡体字 武川
繁体字 武川
拼音 Wŭchuān
カタカナ転写 ウーチュアン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
地級市 フフホト市
行政級別
面積
総面積 4,885 km²
人口
総人口(2004) 17.1 万人
市区人口(2004) 4 万人
経済
電話番号 0471
郵便番号 011700
ナンバープレート 蒙A
行政区画代碼 150125
公式ウェブサイト http://www.wuchuan.gov.cn/

武川県(ぶせん-けん)は中華人民共和国内モンゴル自治区フフホト市に位置する

13の郷と3つの鎮を抱える行政区域である。内蒙古自治区の中部に位置している。武川とはモンゴル語青い山崖という意味である。

武川の歴史は古く大青山郷二道洼村北からは50万年前の旧石器時代の遺跡が発掘されている。北魏によって六鎮の一つである武川鎮が設けられ、北周宇文覚を初めとする5人の皇帝を輩出している(武川鎮軍閥)。近年ではウランチャブに属していたが、1996年フフホト市に編入された。

農業はジャガイモなどが特産品として挙げられるが、貧弱で経済発展に向かないが、森林と鉱産資源は豊富。碌碡湾などの既存の観光区の他、経済開放後、李斉溝、淖爾梁などの生態自然保護区や哈達門森林公園が開発された。県人民政府は可鎮にある。

行政区画[編集]

  • 鎮:可鎮、哈楽鎮、西烏蘭不浪鎮
  • 郷:大青山郷、上禿亥郷、徳勝溝郷、二份子郷、哈拉合少郷、耗頼山郷