ウランホト市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 内モンゴル自治区
烏蘭浩特市
ウランホト空港
ウランホト空港
簡体字 乌兰浩特
繁体字 烏蘭浩特
拼音 Wūlánhàotè
カタカナ転写 ウーランハオトー
モンゴル文字 ᠤᠯᠠᠭᠠᠨᠬᠣᠲᠠ
モンゴル語キリル文字 Улаанхот
モンゴル語ローマ字転写 Ulanhot
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
ヒンガン盟
行政級別 県級市
面積
総面積 779 km²
市区 23.2 km²
人口
総人口(2004) 29 万人
市区人口(2003) 22.2 万人
経済
電話番号 04814
郵便番号 137400
行政区画代碼 152202
公式ウェブサイト http://www.wlht.gov.cn/

ウランホト市(ウランホトし、ᠤᠯᠠᠭᠠᠨᠬᠣᠲᠠ 転写:Ulanhot)は、中華人民共和国内モンゴル自治区ヒンガン盟に位置する県級市の1つ。ヒンガン盟の行政中心で、市街面積は23km2、都市人口は21.7万人。

地理[編集]

ウランホト市は内モンゴル自治区の北東部、大興安嶺南麓のホルチン草原に位置する。東南は吉林省、東北は黒竜江省と、北はフルンボイル市、南は通遼市、西はシリンゴル盟と接し、北西部はモンゴルと国境を接している。

歴史[編集]

ウランホトとはモンゴル語で「赤い街」を意味する。清代第三代ジャサクト郡王オチル(鄂斉爾)がこの地に家廟を建立したことより王爺廟と称された。

1947年5月、ウランフを中心とした内モンゴル自治政府(後の内モンゴル自治区人民政府すなわち現在の内モンゴル自治区)成立時の首府とされた。同年12月にウルンホトと改称された。1958年8月にホルチン右翼前旗と統合された際に市制が廃止され、ホルチン右翼前旗の管轄とされた。1980年7月に市制が再施行され現在に至る。

1970年代に一時吉林省に属したこともある。

観光[編集]

行政区画[編集]

下部に8街道、4鎮を管轄する。

  • 街道:愛国街道、和平街道、興安街道、勝利街道、鉄西街道、都林街道、五一街道、城郊街道
  • 鎮:ウラン・ハダ鎮(烏蘭哈達鎮)、ゲゲン廟鎮(葛根廟鎮)、タビン站鎮(太本站鎮)、イラルト鎮(義勒力特鎮)

交通[編集]

白阿線白城アルシャン(阿爾山)と結ばれる。 ウランホト空港中国語版があり、北京フフホトなどと結ばれている。

外部リンク[編集]