シリンホト市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 内モンゴル自治区 錫林浩特市
簡体字 锡林浩特
繁体字 錫林浩特
拼音 Xīlínhàotè
カタカナ転写 シーリンハォトゥー
モンゴル語キリル文字 Шилинхот
モンゴル語ローマ字転写 Xilinhot
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
シリンゴル盟
行政級別 県級市
面積
総面積 14,785 km²
人口
総人口(2010) 25.2 万人
経済
電話番号 0479
郵便番号 026000
行政区画代碼 152502
公式ウェブサイト http://www.xilinhaote.gov.cn

シリンホト市(錫林浩特市、シリンホトし)は中華人民共和国内モンゴル自治区シリンゴル盟に位置する県級市。シリンゴル盟の行政的中心。東経116度、北緯44度付近、内モンゴル中東部のシリンゴル草原上に位置する。漢族モンゴル族が主に畜産品加工や民芸品工業をおこなっている。特産物は毛織物やキノコなど。207国道303国道が通過し、集通線の支線がある。

産業[編集]

鉱物資源[編集]

鉱物資源が豊富。石炭は勝利炭田、巴彦宝拉格(バヤン・ブラグ)炭田が主要鉱区。石油も産出する。その他にはゲルマニウムクロムモリブデン蛍石スズ亜鉛ルビジウム等を産出する。

石炭の質は褐炭と低いが、北京まで数百km程度と地理的に近いこともあり、火力発電所の燃料源として盛んに採掘が行われている。しかし採掘に伴う地下水の排出は、地域の地下水位を低下させる要因となっており、炭鉱の繁栄と相反して慢性的な水不足にさらされている。一時は、600km離れた渤海から海水パイプライン輸送により供給するプランも検討されたことがある[1]

観光[編集]

シリンゴル草原の景観が美しく、一部は自然保護区になっている。

  • 阿爾善温泉
  • シリン河景観
  • 錫林九曲湾
  • 白音錫勒自然保護区
  • 平頂山
  • シリンゴル国際競馬場
  • 貝子廟:1684年建造、内モンゴル四大寺院の一つである[2]
  • 蒙元文化苑:世界最大級の蒙元文化博物館[3]、蒙元歴史名人彫像群、民族歌舞劇場、庭園などがある。
  • 啤酒泉:阿爾善宝拉格鎮にある鉱泉。
  • エルトンオボ山(額爾敦敖包山)

行政区分[編集]

シリンホト市は傘下の8街道、1鎮、3ソムその他で構成されている。

  • 街道:希日塔拉街道、宝力根街道、杭蓋街道、楚古蘭街道、額爾敦街道、南郊街道、巴彦査干街道、巴彦錫勒街道
  • 鎮:阿爾善宝拉格鎮
  • ソム:宝力根ソム、朝克烏拉ソム、巴彦宝拉格ソム
  • 類似郷級行政単位:シリンゴル盟経済技術開発区、白音庫倫牧場、貝力克牧場、毛登牧場

脚注[編集]

  1. ^ “石炭需要の急増により水資源不足が深刻化―中国”. レコードチャイナ (レコードチャイナ). (2013年7月5日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=73975&type= 2013年7月5日閲覧。 
  2. ^ 貝子廟 [1]
  3. ^ 世界最大の蒙元文化苑、4月末に内モンゴルで着工[2]

外部リンク[編集]