トゥムド左旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 内蒙古自治区
土黙特左旗
伊利集団本社
伊利集団本社
簡体字 土黙特
繁体字 土黙特
拼音 Tŭmòtè
カタカナ転写 トゥーモートー
モンゴル文字 ᠲᠦᠮᠡᠳ
ᠵᠡᠭᠦᠨ
ᠬᠣᠰᠢᠭᠤ
モンゴル語ローマ字転写 Tümed Jegün qosiɣu
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内蒙古
地級市 フフホト市
行政級別
面積
総面積 2,733 km²
人口
総人口(2006) 35 万人
経済
電話番号 0471
郵便番号 010100
ナンバープレート 蒙A
行政区画代碼 150121
公式ウェブサイト http://www.nmgtmtzq.gov.cn/

トゥムド左旗(トゥムドさき、モンゴル語ᠲᠦᠮᠡᠳ
ᠵᠡᠭᠦᠨ
ᠬᠣᠰᠢᠭᠤ
 Tümed Jegün qosiɣu)は中国内モンゴル自治区フフホト市の管轄下に置かれる行政地方。

地名はモンゴル語を意味する。所轄地域の大部分がすべて大青山にあり、農牧を主とする。内モンゴル中部に位置、フフホトより西。面積は2733平方キロ、人口は35万人(2006年統計)。政府所在地の察素斉鎮はフフホトから47キロが離れている。

トゥムド左旗は北側が山岳地帯、南側が平原地帯、平年気温は6.3℃、平年降雨量は400ミリ。

歴史沿革[編集]

の時代は豊州と呼ばれていたが、16世紀にはアルタン・ハーントゥムド部を率いて、この地方に入り込み、「トゥムド川」と呼ばれるようになった。17世紀にはトゥムド地方を左翼、右翼旗に分け、18世紀にはトゥムド地方を「旗と庁の並存で、蒙古人と漢人を別々に管理」という統治方法で支配していた。

民族人口[編集]

モンゴル族の比率は一割に過ぎず、漢族の比例が九割を占めている。トゥムド地方は長い間、漢民族の文化に交わった結果、モンゴル文化はほぼ消えている。モンゴルの名前を名づけられたモンゴル人もモンゴル語が分からず、山西省の方言に近いトゥムドの地方方言を話す人が殆どである。

行政区画[編集]

  • 鎮:察素斉鎮、畢克斉鎮、善岱鎮、台閣牧鎮、白廟子鎮、沙爾沁鎮、敕勒川鎮
  • 郷:北什軸郷、塔布賽郷