烏海市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 内モンゴル自治区 烏海市
内モンゴル自治区の中の烏海市の位置
内モンゴル自治区の中の烏海市の位置
簡体字 乌海
繁体字 鳥海
拼音 Wūhăi
カタカナ転写 ウーハイ
モンゴル文字 ᠦᠬᠠᠢ
ᠬᠣᠲᠠ
モンゴル語キリル文字 Үхай хота
モンゴル語ローマ字転写 Üqai qota
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
行政級別 地級市
面積
総面積 1,754 km²
人口
総人口(2004) 42 万人
経済
電話番号 0473
郵便番号 016000
行政区画代碼 150300
公式ウェブサイト http://www.wuhai.gov.cn/

烏海市(うかいし、モンゴル語ᠦᠬᠠᠢ
ᠬᠣᠲᠠ
  Üqai qota)中華人民共和国内モンゴル自治区に位置する地級市黄河ゴビ砂漠オルドス砂漠の間、北緯39度39分、東経106度41分に位置する。

鉱業、発電、金属、化学鉱業そしてブドウ農家と酪農が主な産業である。包蘭線の沿線にあり、2003年には空港が完成した。

行政区画[編集]

3市轄区を管轄する。

烏海市の地図

烏海市は1976年に黄河を隔てて向かい合う烏達と海勃湾という二つの県級市が合併してできた。それ以前はこの二つの市はバヤンノール盟(現バヤンノール市)と伊克昭盟(現オルドス市)にそれぞれ属していた。大型炭鉱(烏達鉱務局と海勃湾鉱務局)によって発展しており、この市の人口の大部分は移民からなる。

年表[編集]

外部リンク[編集]