エヴェンキ族自治旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 内モンゴル自治区
鄂温克族自治旗
紅花爾基鎮付近の草原風景
紅花爾基鎮付近の草原風景
簡体字 鄂温克
繁体字 鄂温克
拼音 Èwēnkèzú
カタカナ転写 オーウェンコーズー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
地級市 フルンボイル市
行政級別 自治旗
面積
総面積 19,111 km²
人口
総人口(2004) 14 万人
経済
GDP(2003) 18.06億元
電話番号 0470
郵便番号 021100
行政区画代碼 150724
公式ウェブサイト http://www.ewenke.gov.cn/

エヴェンキ族自治旗(エヴェンキぞく-じちき)は、中華人民共和国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する自治旗

地理[編集]

エヴェンキ族自治旗は内モンゴル自治区東部、大興安嶺山脈西嶺のフルンボイル草原南東部に位置する。旗内には輝河湿地生態自然保護区紅花爾基樟子松自然保護区が設置されている。

民族[編集]

エヴェンキ族を中心にモンゴル族ダウール族漢族が居住する。

行政区画[編集]

下部に4鎮、1民族郷、5ソムを管轄する。自治旗政府の所在地は巴彦托海鎮。

  • 鎮 : 巴彦托海鎮、大雁鎮、伊敏河鎮、紅花爾基鎮
  • 郷 : 巴彦塔拉ダウール族郷
  • ソム : 巴彦査崗ソム、錫尼河西ソム、錫尼河東ソム、伊敏ソム、輝ソム

経済[編集]

伝統的な牧畜などの一次産業が中心であったが、石炭火力発電を行う伊敏華能煤電公司や炭鉱開発を行う大雁煤業公司などの工業経済も存在し、また近年はロシア連邦モンゴル国との貿易、観光業による経済発展を目指し投資が行われている。