浜洲線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜洲線
満洲里国門(中露辺境国門)
満洲里国門(中露辺境国門)
基本情報
起点 ハルビン駅
終点 満州里駅
開業 1903年7月
運営者 ハルビン鉄路局
路線諸元
路線距離 935 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
最高速度 160 km/h
テンプレートを表示

浜洲線(ひんしゅうせん)とは、黒竜江省ハルビン駅内モンゴル自治区満州里駅を結ぶ、全長935kmの鉄道路線で、中華人民共和国ロシアシベリア鉄道を結ぶ幹線である。また、ハルビン鉄路局の管轄である。

歴史[編集]

  • 1898年3月 設計が完成。
  • 1898年6月 ハルビン側と満州里側双方より着工。

接続駅[編集]

出典[編集]

  1. ^ 満洲里駅経由の「中欧班列」が5000本に 内モンゴル自治区”. AFPBB (2019年9月29日). 2019年11月3日閲覧。
  2. ^ 滨洲铁路全线实现电气化”. 新華網 (2017年12月28日). 2019年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]