石徳線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石徳線
路線総延長 181.9 km
軌間 1,435 mm
電圧 25 kV(交流
石徳線
各種表記
繁体字 石德鐵路
簡体字 石德铁路
拼音 shí​dé​​ tiělù
英文 Shide Railway
テンプレートを表示

石徳線(せきとくせん)は河北省石家荘市から山東省徳州市を結ぶ中国国鉄鉄道路線である。

概要[編集]

石家荘より東に向かい、河北省内の藁城晋州辛集深州衡水を経て山東省徳州に至る全長181.9kmの路線で、全線が北京鉄路局管轄である[1]山西省石炭を海外へ輸送する重要な路線であり、全線が複線電化交流25 kV)されている。

歴史[編集]

駅一覧[編集]

石家荘 - 土賢庄 - 良村 - 藁城 - 賈村 - 晋州 - 馬於 - 辛集 - 束新 - 王家井 - 前磨頭 - 貢家台 - 衡水 - 清涼店 - 龍華 - 青蘭 - 王瞳 - 八里庄 - 徳州

接続路線[編集]

出典[編集]