北疆線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北疆線
基本情報
中華人民共和国の旗 中国
所在地 新疆ウイグル自治区
起点 ウルムチ南駅
終点 阿拉山口駅
駅数 36
所有者 中国鉄路総公司
運営者 ウルムチ鉄路局
路線諸元
路線距離 460 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 複線(ウルムチ南 - 精河)
単線(精河 - 阿拉山口)
電化方式 電化
テンプレートを表示
北疆線
各種表記
繁体字 北疆鐵路
簡体字 北疆铁路
拼音 Bĕijiāng Tiělù
発音: ベイジャン ティエルー
テンプレートを表示
蘭州から2,360km離れた本路線終点のアラタウ峠付近
ボルタラ駅に停車中の25B型2階建て寝台車
北疆線を運行する客車の行先標

北疆線(ほくきょうせん、中文表記: 北疆铁路)は、中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市ボルタラ・モンゴル自治州阿拉山口とを結ぶ鉄道路線である。

概要[編集]

蘭新線の西北への延長路線で、全長は476km[1]、全線がウルムチ鉄路局の所属である。軌間1,435mm、全線が電化されており、36の駅を有する。複線区間はウルムチ南駅 - 精河駅である。中国東部からオランダロッテルダムに至る新ユーラシア・ランドブリッジの主要経路であり、カザフスタン国鉄トルキスタン・シベリア鉄道ドストゥク支線と接続している。

ウルムチから精河あたりまでは、概ね往年のシルクロード(天山北路)に沿ったルートとなっている。

歴史[編集]

運行形態[編集]

2009年5月現在、阿拉山口からはウルムチ南へ2往復、クイトゥンからはウルムチ南へ1往復と西安へ1往復、烏西(ウルムチ西)からは成都へ1往復の旅客列車が運行されている。その他に週2回ウルムチ南から本路線経由でカザフスタンのアルマトイまで国際旅客列車が運行されている。

沿線の主要都市[編集]

接続路線[編集]

旅客列車停車駅一覧[編集]

ウルムチ南 - ウルムチ - 烏西(ウルムチ西) - 三坪 - 昌吉 - フトビ - マナス - 石河子 - ウランウス - 沙湾県 - クイトゥン東 - クイトゥン - クイトゥン西 - ウス - 四棵樹 - 托托 - 精河 - 蘑菇灘 - ボルタラ - 阿拉山口

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]