阿拉山口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿拉山口駅
阿拉山口駅駅舎
阿拉山口駅駅舎
阿拉山口站 - Alashankou Station
(アラシャンコウ)
所在地 新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州阿拉山口口岸行政管理区
所属事業者 中華人民共和国鉄道部
管轄鉄路局 ウルムチ鉄路局北疆鉄路公司
等級 二等駅[1]
所属路線 北疆線
キロ程 476km(ウルムチ駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面
開業年月日 1990年9月1日

阿拉山口駅(あらさんこうえき/中国語:阿拉山口站/ピン音:Ālāshānkǒu zhàn)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州阿拉山口口岸行政管理区にある中国国鉄ウルムチ鉄路局北疆鉄路公司が管轄するである。本駅はアラタウ峠(Alataw Pass)に位置し、蘭新線蘭州駅より2358.376km 離れていて、北疆線の終点でありカザフスタンへの出入口である。中国西部で唯一の鉄道による国際運輸の拠点であり、新ユーラシア・ランドブリッジの結節点である。

駅構造[編集]

旅客単式ホーム1面を持つ地上駅である。カザフスタンの鉄道は軌間は1520mm広軌(ロシアゲージ)であり、標準軌の中国との間で直通が出来ない。その為に貨物を積み替える必要が有り、広大な貨物ヤードと貨物、コンテナの積み替え施設、車輌基地を持つ[2]。隣接するカザフスタンのドルジバ駅(中国語:多斯特克站)との間は標準軌と広軌それぞれの線路単線並列で結ばれている。

所属路線[編集]

利用状況[編集]

本駅は北疆線の旅客、貨物を扱う二等駅である。2009年5月現在、ウルムチとの間に2往復の旅客列車が運行されている[4]。また、ウルムチより本駅経由でカザフスタンのアルマトイ(中国語:阿拉木図)まで国際列車が運行されており、ドルジバ駅で台車交換を行う。なお、ドルジバとは時差が1時間有る。貨物輸送は2006年で年間1300万トンを記録した[5]。国境の通過貨物は毎年増加しており、鉄道での国際輸送では中国で2位である[6]。阿拉山口税関は中国での陸路経由輸出量が最大である[7]

駅周辺[編集]

  • 農貿市場
  • 阿拉山口鉄路大酒店
  • 阿拉山口香榭麗酒店
  • 中国銀行阿拉山口分行
  • 中国工商銀行
  • 中国農業銀行
  • 中国建設銀行
  • 阿拉山口汽車站(バス停
  • 阿拉山口医院
  • 石化賓館
  • 阿拉山口口岸賓館
  • 阿拉山口陸橋賓館

歴史[編集]

  • 1990年9月1日 - 北疆線の開通に伴い開業した[3]
  • 1990年9月12日 - ドルジバとの間が開通した[8]
  • 1991年7月 - 貨物の臨時通関を開始した[9]
  • 1992年6月21日 - アルマトイ~ウルムチ間の国際旅客輸送(カザフスタン側担当)を開始した[10]
  • 1992年10月31日 - 北疆線が正式運営開始した[11]
  • 1992年12月1日 - 国際輸送を正式に開始した[11]
  • 1993年4月3日 - ウルムチ~アルマトイ間の国際旅客輸送(中国側担当)を開始し、同時にウルムチ~阿拉山口間の国内列車を運行開始した[10]
  • 1993年10月 - 阿拉山口~ドルジバ間の道路も正式に開通した。
  • 2008年11月 - アジアで最大規模の新たなコンテナ積み替え施設が完成した[12]

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

中国国鉄
北疆線
ボルタラ駅 - ウランダブセン駅(烏蘭達布森站/五等駅) - 阿拉山口駅
カザフスタン連絡線
阿拉山口駅 - ドルジバ駅(Druzhba Station)

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 松本従徳著『中国国境列車紀行』近畿日本ツーリスト(1998年1月10日初版)ISBN 4-87638-617-X p.133-165

外部リンク[編集]