南防線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
China Railways.svg 南防線
基本情報
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所在地 広西チワン族自治区
起点 南寧駅
終点 防城港駅
開業 1986年12月
所有者 中華人民共和国交通運輸部
運営者 南寧鉄路局
路線諸元
路線距離 182 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 単線
電化方式 非電化
最小曲線半径 800m (困難地域では400m) [1]
閉塞方式 半自動閉塞
路線図
km
CONTg
 湘桂線と接続、衡陽駅方面 
ABZg+l CONTfq
 柳南都市間鉄道と接続、柳州駅方面 
BHF
0 南寧駅
DST
10 南寧南駅
CONTgq ABZgr
 雲桂線と接続、昆明南駅方面 
CONTgq ABZgr
 南昆線と接続、昆明駅方面 
ABZgl CONTfq
 邕南線南環線) 
BST
17.88 那羅駅
BST
28.46 呉圩駅
BST
37 大王灘駅
BST
45.38 寧村駅
BST
大元乗降所
BST
63.16 那舗駅
BST
73.25 百浪駅
CONTgq KRZu CONTfq
南欽線と交差
BST
86 大擬乗降所
BST
96.90 小董駅
BST
115 大垌駅
ABZg+l CONTfq
 黎欽線に接続、黎塘駅方面 
BST
118.32 馬皇駅
HST
126.98 欽州駅
ABZgl CONTfq
 欽北線に接続、北海駅方面 
BST
康熙岭駅
BST
151.10 茅岭駅
BST
164.00 防城駅
BST
181.70 防城港駅
ENDEe
路軌尽頭
テンプレートを表示
南防線
各種表記
繁体字 南防鐵路
簡体字 南防铁路
拼音 Nán​fáng​ Tiĕlù
英文 Nanfang Railway
テンプレートを表示

南防線(なんぼうせん)は広西チワン族自治区南寧市からトンキン湾(北部湾)に面した防城港市を結ぶ中国国鉄鉄道路線である。

概要[編集]

南寧から南寧南間は湘桂線と共用で、南寧南より南南東に下り、欽州から南西に向かい防城港に至る全長173kmの路線である。中国政府と広西チワン族自治区人民政府の合資により建設され[2]、南防鉄路公司が運営している。全線が南寧鉄路局管轄で[3]、非電化単線である[4]。防城港での船舶による輸出入貨物輸送を担っている。

歴史[編集]

  • 1978年3月:南寧市で建設工事を開始した[5]
  • 1986年12月:暫定輸送を開始した[2]
  • 1987年5月1日:全線開通し、運営開始した[5]
  • 1990年12月:南防鉄路公司が成立して負責管理を始めた[2]
  • 1991年:全国鉄路貨運網(貨物輸送網)に加わった[2]
  • 1992年1月:旅客輸送を開始した[2]
  • 2004年12月:線路容量向上の為の改造を始めた[6]
  • 2005年10月:改造工事が完成し、一日あたり15往復から55往復まで列車を運行出来る様になり、年間の貨物輸送能力が1500万トンから2538万トンになった[6]

駅一覧[編集]

南寧 - 南化 - )南寧南 - 那羅 - 呉 - 大王灘 - 寧村 - 大元 - 那鋪 - 百浪 - 大擬 - 小董 - 大 - 馬皇 - 欽州 - 康熙嶺 - 茅嶺 - 防城 - 防城港

接続路線[編集]

出典[編集]