隴海線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
China Railways.svg 隴海線
1950年陇海路八号桥.png
基本情報
起点 連雲港
終点 蘭州
駅数 198
開業 1910年
所有者 中華人民共和国交通運輸部
運営者 上海鉄路局鄭州鉄路局
西安鉄路局蘭州鉄路局
路線諸元
路線距離 1,759 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 交流25kV 架空電車線方式
最大勾配 20‰
最小曲線半径 800m
閉塞方式 自動閉塞
最高速度 連雲港鄭州区間、西安宝鶏区間:160km/h ,
その他:120km/h,一部区間 60km/h
路線図
KBSTa
0 連雲
BST
7 墟溝
HST
12 連雲港東
HST
19 雲台山
BST
24 塩坨
exCONTgq eABZlg
連塩線石橋方面
BHF
33 連雲港
eABZlf exCONTfq
連塩線塩城北方面
HST
47 包荘
HST
56 白塔埠
HST
65 曹浦
HST
73 東海県
BST
82 石湖村
HST
90 阿湖鎮
HST
100 徐塘荘
ABZrg CONTfq
新長線長興方面
HST
114 新沂
HST
新沂西
CONTgq ABZrf
膠新線膠州方面
HST
125 瓦窯
HST
137 草橋駅
HST
143 砲車
HST
151 邳州
HST
161 趙墩
BST
168 碾荘
HST
178 八義集
HST
188 大許家
HST
196 黄集
BST
206 大廟
ABZrg CONTfq
京滬線上海方面
BHF
223 徐州
DST
228 徐州北 操車場
CONTgq ABZq+lr ABZrf
京滬線北京方面
BST STR
240 周宅子
BST STR
251 楊屯
STRlf ABZgr+r
京滬隴海線
ABZrg CONTfq
符夾線符離集方面
HST
238 夾河寨
HST
241 沙塘
BST
245 郝寨
HST
257 楊楼
HST
265 劉店
HST
272 黄口
HST
282 文荘
HST
292 李荘
HST
299 範荘
HST
306 碭山
HST
楊集
HST
325 周楼
HST
334 夏邑県
HST
341 李新集
HST
349 虞城県
HST
358 張閣荘
HST
北東閘
eABZrg exCONTfq
鄭徐客運専線徐州東方面
CONTgq KRZ Arg CONTfq
京九線北京西深圳
BHF
369 商丘
eABZlf exCONTfq
鄭徐客運専線鄭州東方面
HST
謝集
HST
孔集
HST
404 寧陵県
HST
412 三丈寺
HST
421 民権
HST
442 内黄集
HST
457 蘭考
HST
469 羅王
HST
486 興隆荘
BHF
500 開封
HST
509 杏花営
HST
518 韓荘鎮
HST
524 邵崗集
HST
532 中牟
HST
541 占楊
HST
549 南寺
HST
558 圃田
CONTgq ABZdg CONTfq
 京広高速線 に連絡
DST
568 圃田西
ABZrg CONTfq
京広線広州方面
BHF
572 鄭州
CONTgq ABZq+lr STRq ABZrf
京広線豊台方面
ABZfg DSTq ABZgr+r
鄭州北 操車場
STR HST
576 鄭州西
STRlf HSTq ABZlg
歓河・鄭州西北環線
HST
584 鉄炉
ABZlf CONTfq
鄭西客運専線西安北方面
HST
590 関帝廟
BST
598 滎陽
HST
609 上街
HST
620 穆溝
HST
632 巩義東
HST
642 巩義
HST
648 黒石関
HST
659 偃師
BST
670 首陽山
HST
681 白馬寺
kABZgl
洛湛線湛江方面
CONTgq kABZq+r
kABZql+l CONTfq
焦柳線
kABZg+lr
焦柳線月山方面
HST
691 洛陽東
BHF
696 洛陽
HST
703 洛陽西
HST
711 磁澗
HST
724 新安県
BST
733 南崗村
HST
738 鉄門
HST
751 義馬
HST
765 澠池
HST
774 英豪
HST
784 観音堂
HST
787 楊連弟
HST
797 廟溝
HST
804 張茅
HST
812 交口
HST
818 三門峡
HST
830 張家湾
HST
841 三門峡西
HST
848 五原村
HST
859 陽店
HST
871 霊宝
HST
879 焦村
HST
892 閿郷
HST
916 故県
HST
932 予霊
HST
939 太要
HST
948 潼関
CONTgq ABZlg
同蒲線太原大同方面
HST
960 華山
HST
968 華山西
HST
974 桃下
HST
979 羅敷
HST
985 柳枝
HST
991 蓮花寺
HST
998 華県
HST
1015 樹園
HST
1027 渭南
ABZrg CONTfq
寧西線南京方面
HST
1039 零口
CONTgq ABZlg
包西線包頭方面
BST
1048 新豊鎮 操車場
CONTgq ABZrf
西安枢紐北環線茂陵方面
HST
1056 臨潼
HST
1065 窯村
ABZrg CONTfq
西康線安康方面
HST
1073 灞橋
BST
1079 西安東
BHF
1083 西安
DST
1087 西安西
BST
1091 三民村
HST
1095 三橋駅
HST
1102 黄家寨
CONTgq ABZlg
咸銅線銅川方面
BHF
1106 咸陽
HST
1112 咸陽西
CONTgq ABZlg
西安枢紐北環線新豊鎮方面
BST
1117 茂陵
CONTgq ABZrf
西平線平涼南方面
HST
1129 興平
HST
1142 馬嵬坡
HST
1156 武功
HST
1168 楊陵鎮
HST
1179 絳帳
HST
1190 常興
HST
1203 眉県
HST
1213 蔡家坡
HST
1223 陽平
BST
1236 虢鎮
CONTgq ABZlg
宝中線中衛方面
HST
1246 臥竜寺
HST
1252 宝鶏東
BHF
1256 宝鶏
ABZlf CONTfq
宝成線成都方面
HST
1261 福臨堡
HST
1276 固川
HST
1286 坪頭
HST
1298 顔家河
HST
1308 東口
HST
1330 石家灘
HST
1337 拓石
HST
1348 鳳閣岭
HST
1359 建河
HST
1381 元竜
HST
1395 伯陽
HST
1403 社棠
BHF
1411 天水
BST
1417 槐樹湾
BST
1422 楊家河
HST
1429 南河川
HST
1437 三陽川
HST
1445 渭南鎮
HST
1456 新陽鎮
HST
1469 渭水峪
HST
1478 甘谷
HST
1488 朱圉郷
HST
1497 磐安鎮
HST
1507 洛門
HST
1518 武山
HST
1527 賀家店
HST
1537 鴛鴦鎮
HST
1544 謝家坡
BST
1550 土店子
HST
1557 隴西
HST
1565 隴西北
HST
1576 雲田郷
HST
1582 大河岔
HST
1590 高陽
HST
1597 通安驿
HST
1605 馬河鎮
HST
1614 寒水岔
HST
1623 唐家堡
HST
1632 景家店
HST
1641 定西
HST
1652 巉口
HST
1663 梁家坪
HST
1670 紅荘
HST
1678 李家坪
HST
1692 金家村
HST
1701 甘草店
HST
1707 王家湾駅
HST
1716 許家台
STR exCONTg
蘭渝線重慶北方面
ABZlf xABZlg
成蘭線成都東方面
HST-L HST-R
1722 夏官営
HST STR
1736 駱駝巷
HST STR
1745 桑園子
CONTgq ABZlg STR
包蘭線包頭方面
ABZrg STRrf
HST
1754 蘭州東
BHF
1759 蘭州
CONTf
蘭新線烏魯木斉方面
蘭青線西寧方面
テンプレートを表示
隴海線
各種表記
繁体字 隴海鐵路
簡体字 陇海铁路
北京語拼音 Lóng​hǎi Tiĕlù
英文 Longhai Railway
テンプレートを表示

隴海線(ろうかいせん)は、中華人民共和国江蘇省連雲港市甘粛省蘭州市を連絡する中国国鉄鉄道路線。全長は1,759km。華中を東西に貫く重要幹線であると共に、太平洋沿岸の連雲港から大西洋沿岸のオランダロッテルダムまで至る新ユーラシア・ランドブリッジの主要路線でもある。

歴史[編集]

1904年光緒30年)に京漢線鄭州駅より、東は開封(汴)、西は洛陽に至る路線(汴洛鉄路)として着工、1910年宣統2年)に開通し、以後も引き続き開封、洛陽より東西両方向へ延伸した。東へは1916年民国5年)に徐州まで、1925年(民国14年)に海州まで、1934年(民国23年)には連雲港まで開通。西へは1927年(民国16年)に霊宝まで[1]1935年(民国24年)に西安まで、1936年には宝鶏まで、1945年(民国34年)に天水まで開通している。1950年4月より天水~蘭州間(天水線)の建設を開始。留用した日本人技術者も動員して1953年7月に完成し、これにより隴海線全線が開通した。

1955年以降に相次いで鄭州、蘭州、西安、宝鶏等のターミナルの改修工事を開始。1956年1970年に鄭州~宝鶏間の複線化工事が行なわれ、三門峡ダム建設に伴い一部区間の経路変更も行なわれた。1980年に宝鶏~商丘間が複線化された。現在全線複線、徐州~蘭州間については電化され和諧号が投入されている。

本路線の敷設には多大な困難が伴い、なかでも宝鶏~蘭州間は秦嶺山脈の六盤山を貫き、渭河峡谷の北岸にそって敷設され、地質地形共に複雑で建設された鉄橋、トンネルは比較的多い。当線の開通は中国西部地区の開発に対し大きな意味を持つ。

接続路線[編集]

主要駅一覧[編集]

連雲港東 - 連雲港 - 東海県 - 新沂 - 邳県 - 徐州 - 夾河寨 - 黄口 - 碭山 - 虞城県 - 商丘 - 民権 - 蘭考 - 開封 - 中牟 - 鄭州 - 鞏義 - 偃師 - 洛陽東 - 洛陽 - 澠池 - 三門峡 - 三門峡西 - 霊宝 - 潼関 - 華山 - 渭南 - 新豊鎮 - 西安 - 咸陽 - 興平 - 武功 - 楊陵鎮 - 蔡家坡 - 宝鶏 - 天水 - 甘谷 - 武山 - 隴西 - 定西 - 蘭州

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『霊宝県志』巻三建設門 1935年(民国24年)改訂 第124頁には「鉄道は東の陝県より入境し、西の閿郷県境に接す。東西58里、鉄橋4、トンネル5。民国14年工事開始、19年開通。」とある。