鶏箇線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鶏箇線
基本情報
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所在地 雲南省
起点 鶏街駅
終点 箇旧駅
開業 1921年11月9日
廃止 1991年8月
運営者 昆明鉄路局
路線諸元
路線距離 34.1 km
軌間 610 mm (ナローゲージ)
線路数 単線
電化方式 非電化
最大勾配 30‰
路線図
CONTgq ABZq+l BHFq CONTfq
0 鶏街  蒙宝線蒙自方向 
exBST
4 泗水荘
exBST
12 乍甸
exBST
17 石窩舗
exBST
26 火谷都
exBST
31 鄢棚
exKBHFe
34 箇旧
テンプレートを表示
鶏箇線
各種表記
繁体字 雞箇鐵路
簡体字 鸡个铁路
拼音 jīgè Tiĕlù
英文 Jijie-Gejiu Railway
テンプレートを表示

鶏箇線は、鶏街駅から箇旧駅を結ぶ31kmの610mmナローゲージの鉄道であり、蒙宝線の支線であった。1921年開通、1985年に稼働するナローゲージ機関車が2台まで減少し、旅客扱いを停止。1991年に運転停止、2008年に廃止・撤去。

概要[ソースを編集]

当初は碧色寨站から箇旧駅の間を結ぶ箇碧鉄道(1965年に蒙宝線に改名)の一部であったが、1936年に鶏街から石屏駅が開通すると、当該区間は支線となった。蒙宝線は1970年にメーターゲージに改軌されたが、鶏箇線の改軌は計画されたものの実施されず、1991年に運転を停止するまで、最後まで中国に残ったナローゲージ鉄道であった。

全線で8個のトンネルがあり、総延長は1648メートル。鶏街から南西に向かい、乍甸河に沿って6kmで152mを上り、その後、3.4kmで40mを下り乍甸に到達する。そして17kmの連続上り勾配があり、海抜1716mの分水嶺を越えて、箇旧市に下る。

第7トンネル(全長620m)には急勾配があり、下りは4分で通過できたが、上りは登りきるための蒸気機関車の蒸気の準備に20分近い時間を要した。トンネル内は客車は煤煙まみれになるため、乗客はトンネル前で降りて徒歩でトンネル出口まで迂回しても十分に間に合った。これは「雲南十八怪」の一節、「火車没有汽車快」の由来と一つとなった。


参考文献[ソースを編集]

  • 《雲南省誌 巻三十四 鉄道誌》 第一章 鉄路修建 第二節 蒙宝鉄路
  • 北龍一「雲南“窄軌線”紀行」『鉄道ジャーナル』№293号(1991年3月)