瀋山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀋山線
基本情報
運営者 中国鉄路総公司
路線諸元
路線距離 439.1 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 交流25kV 50Hz 架空電車線方式
テンプレートを表示

瀋山線(しんざんせん)は中華人民共和国中国国鉄鉄道路線遼寧省瀋陽市河北省秦皇島市山海関区を連絡する全長439.1kmの路線。

概要[編集]

1881年に着工した中国で最も古い唐胥線が後に延伸された路線で、満州国時代は奉山線と呼ばれていた区間である。2006年12月31日に京哈線が秦瀋旅客専用線経由に経路変更されたのに伴い、山海関駅から皇姑屯駅までを瀋山線と改称した。詳しくは京哈線を参照のこと。

東は哈大線瀋吉線瀋丹線等と接続、西は津山線と接続する。沿線では大鄭線、高新線、錦承線等と連絡しており、関内外(万里の長城南北)間の主要輸送経路で、瀋山線は貨物輸送量が最も多い路線の一つとなっている。

接続路線[編集]

関連項目[編集]