蕭甬線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蕭甬線
基本情報
起点 杭州南駅
終点 寧波駅
駅数 23
運営者 蕭甬鉄路有限責任公司
路線諸元
路線距離 147.32 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 複線
電化方式 交流25kV
最高速度 160 km/h
テンプレートを表示
蕭甬線
各種表記
繁体字 蕭甬鐵路
簡体字 萧甬铁路
拼音 Xiāo​yǒng​​​ Tiĕlù
英文 Xiaoyong​ Railway
テンプレートを表示

蕭甬線(しょうようせん[1])、別名杭甬線(こうようせん)は浙江省内の杭州市から寧波市を結ぶ民営の鉄道路線である。起点は杭州銭塘江南岸の杭州南駅(元蕭山駅)で終点は寧波駅。全長は147.32kmで全線電化された複線である。蕭甬鉄路有限責任公司が運営し、上海鉄路局が管理している。

歴史[編集]

駅一覧[編集]

蕭山西 - )杭州南(蕭山) - 夏家橋 - 銭清 - 柯橋 - 紹興 - 東湖 - 紹興東 - 皋埠 - 陶堰 - 東関鎮 - 上虞 - 曹娥 - 百官 - 驛亭 - 五夫 - 馬渚 - 余姚西 - 余姚 - 蜀山 - 丈亭 - 葉家 - 慈城 - 洪塘郷(操車場) - 庄橋 - 寧波 (- 寧波東

経由する都市[編集]

接続路線[編集]

出典[編集]