瀋丹旅客専用線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀋丹旅客専用線
基本情報
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
起点 瀋陽南駅
終点 丹東駅
駅数 8
開業 2015年9月1日
路線諸元
路線距離 224 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
最小曲線半径 5,500 m
最高速度 250 km/h
テンプレートを表示
瀋丹旅客専用線
各種表記
繁体字 瀋丹客運專線
簡体字 沈丹客运专线
英文 Shendan Passenger Railway
テンプレートを表示

瀋丹旅客専用線(しんたんりょかくせんようせん、中文表記: 沈丹客运专线)は中華人民共和国高速鉄道路線である。遼寧省瀋陽市瀋陽南駅丹東市丹東駅を結び、路線長224km瀋丹都市間鉄道沈丹城际铁路)とも呼ばれる。

概要[編集]

瀋丹旅客専用線は瀋丹線と並行した高速鉄道であり、東北部最大の工業都市である瀋陽と北朝鮮との国境都市である丹東を本渓を経由して結ぶものである。遼寧省東部の山岳部を通るため、多くの橋梁、トンネルを建設しなければならず、工事は困難を伴うため、工期は4年と長めである[1]

瀋丹旅客専用線の整備は中国鉄道部遼寧省の共同事業である。2010年3月17日に着工され、2015年9月1日に開業した[2]。総工費は268.8億人民元(うち建設費248.8億元、車両20億元)。

在来線の瀋丹線でそれまで3時間34分を要していた瀋陽-丹東間を最速1時間11分で結ぶ。

新たに92の橋梁、58のトンネルが建設され、そのうち最長の橋梁は瀋本大道1号特大橋(2896m)、最長のトンネルは南芬トンネル(7349m)である。

丹東駅付近ではこれまでの在来線である瀋丹線が市内の錦江山を迂回していたのに対して、錦江山トンネル(4605m)を貫通することにより、より直線的に瀋陽方面を目指す線形で建設されている[3] (在来線についても、丹東駅-金山湾駅間(14Km)がこの錦江山トンネル経由の金丹連絡線の新しいルートに変更され(2015年1月21日)、これにより市街地内の踏切の撤去が可能となった)[4]

丹東市では、プロジェクト決定後に着工されて完成した新しい政府系施設等が、建設によって取り壊されることになり、批判する声が高まった[5]

駅一覧[編集]

駅名 駅間
キロ
累計
キロ
接続路線・備考 所在地
日本語 簡体字中国語 英語
瀋陽南駅 沈阳南站 Shenyang South   0.0 哈大旅客専用線 遼寧省 瀋陽市 東陵区
本渓新城駅 本溪新城站 Benxi Xincheng 35 35   本渓市 渓湖区
本渓駅 本溪站 Benxi 27 62   平山区
南芬北駅 南芬北站 Nanfen North 18 80   南芬区
通遠堡西駅 通远堡西站 Tongyuanpu West 44 124   丹東市 鳳城市
鳳城東駅 凤城东站 Fengcheng East 40 164  
新五龍背駅 新五龙背站 Xinwulongbei 26 190   振安区
丹東駅 丹东站 Dandong 18 208 丹大都市間鉄道 振興区

歴史[編集]

関連項目[編集]

使用車両[編集]

CRH5G, CRH5A, CRH380BG

脚注[編集]

  1. ^ 瀋陽~丹東高速鉄道、橋梁建設段階に
  2. ^ 瀋丹高速鉄道、1日開業
  3. ^ 瀋丹旅客専用線 「一時間経済圏」(簡体字中国語)
  4. ^ 瀋丹鉄路 金丹連絡線正式開通(簡体字中国語)
  5. ^ 瀋陽-北朝鮮国境の高速鉄道に「どら息子プロジェクト」の声