旅客輸送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旅客輸送りょかくゆそうとは主に、人(旅客)を運ぶことを指す。運輸業の一分野であり、「公共交通機関」と呼ばれるものがこれを担う場合が多い。

概要[編集]

客を運んでいる場合の、乗り物の運転を、旅客運転という。

ある対象を、場所的に移動させるサービス業、すなわち運送業の一種で、運送する対象が人間の場合を「旅客運送業」という。具体的には、旅客機飛行機)・バスタクシー自動車)・旅客船船舶)・旅客列車鉄道車両)などがその代表例である。これらの旅客運送業は、客を乗せていない間は、運転しても旅客運転に当たらない。

とは、運送に対する代価的給付として金銭(運賃)を給付する者を指し、無償で運ぶ場合は「客」にあたらない。たとえば、家族を自家用自動車レンタカーで運ぶことや、工場従業員の無料送迎バスなどは旅客運送には当たらない。従って、運転者の免許は第1種でかまわず、ナンバープレート事業用自動車営業)用のものである必要がない。

日本の鉄道には個人所有の「自家用車」が存在しないので、その運転免許である「動力車操縦者」の免許には、自動車運転免許での1種・2種にあたる区別がなく、直ちに旅客列車の運転に使用できる。しかしながら、同じ会社の従業員を業務での移動のために列車に乗せるとしても(たとえば貨物列車回送運転に「添乗」する乗務員など)、旅客運転ではない。

陸運[編集]

航空[編集]

路線別旅客輸送実績[編集]

2018年度の路線別旅客輸送実績は以下の通りである。

路線別旅客輸送実績
2018年度 資料: 国土交通省統計
順位 路線名 旅客数 座席利用率
1位 羽田 - 新千歳 905万7,780人 74.5%
2位 羽田 - 福岡 872万4,502人 78.2%
3位 羽田 - 那覇 595万3,185人 78.7%
4位 羽田 - 伊丹 547万8,134人 77.8%
5位 羽田 - 鹿児島 251万8,809人 70.9%
6位 羽田 - 熊本 197万5,558人 68.6%
7位 羽田 - 広島 188万2,798人 67.6%
8位 福岡 - 那覇 187万9,098人 74.9%
9位 成田 - 新千歳 187万6,979人 81.9%
10位 羽田 - 長崎 176万5.366人 70.4%
11位 羽田 - 松山 157万1,237人 69.0%
12位 中部 - 新千歳 150万9,447人 70.1%
13位 羽田 - 宮崎 142万4,813人 63.0%
14位 羽田 - 関西 127万0,427人 72.7%
15位 羽田 - 高松 126万2,184人 67.9%
16位 羽田 - 北九州 125万3,158人 69.7%
17位 羽田 - 大分 124万0,156人 64.5%
18位 中部 - 那覇 119万4,286人 76.8%
19位 伊丹 - 那覇 115万4,349人 74.1%
20位 那覇 - 石垣 114万7,669人 63.1%

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トラックの旅客運送解禁 9月1日から 過疎地など対象 東京新聞(2017年7月1日)2017年7月23日閲覧

関連項目[編集]