旅客輸送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旅客輸送(りょかくゆそう)とは主に、人(旅客)を運ぶことを指す。運輸業の一分野であり、「公共交通機関」と呼ばれるものがこれを担う場合が多い。

概要[編集]

客を運んでいる場合の、乗り物の運転を、旅客運転という。

ある対象を、場所的に移動させるサービス業、すなわち運送業の一種で、運送する対象が人間の場合を「旅客運送業」という。具体的には、旅客機飛行機)・バスタクシー自動車)・旅客船船舶)・旅客列車鉄道車両)などがその代表例である。これらの旅客運送業は、客を乗せていない間は、運転しても旅客運転に当たらない。

とは、運送に対する代価的給付として金銭(運賃)を給付する者を指し、無償で運ぶ場合は「客」にあたらない。たとえば、家族を自家用自動車レンタカーで運ぶことや、工場従業員の無料送迎バスなどは旅客運送には当たらない。従って、運転者の免許は第1種でかまわず、ナンバープレート事業用自動車営業)用のものである必要がない。

日本の鉄道には個人所有の「自家用車」が存在しないので、その運転免許である「動力車操縦者」の免許には、自動車運転免許での1種・2種にあたる区別がなく、直ちに旅客列車の運転に使用できる。しかしながら、同じ会社の従業員を業務での移動のために列車に乗せるとしても(たとえば貨物列車回送運転に「添乗」する乗務員など)、旅客運転ではない。

陸運[編集]

航空[編集]

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トラックの旅客運送解禁 9月1日から 過疎地など対象 東京新聞(2017年7月1日)2017年7月23日閲覧

関連項目[編集]