寧大線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寧大線: 宁大铁路大通煤矿支线)は青海省西寧市大通回族土族自治県を結ぶ延長39kmの鉄道支線である。最初は蘭州鉄路局の管辖で、現在は青藏鉄路公司の管辖である。この路線は西寧と張掖を結ぶ路線として計画され、1966年に建設が開始され、1968年に大通県まで開通したところで以後の建設が中止された。2008年に旅客営業が廃止された。

座標[編集]