クイトゥン市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 新疆ウイグル自治区
奎屯市
簡体字 奎屯
繁体字 奎屯
拼音 Kuítún
カタカナ転写 クイトゥン
ウイグル語 كۈيتۇن
ウイグル語ローマ字転写 Küytun
カザフ語アラビア文字 كۇيتۇن
カザフ語キリル文字 Хүйтэн
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆ウイグル
副省級自治州 イリ・カザフ自治州
行政級別 県級市
面積
総面積 1,171 km²
人口
総人口(2004) 30 万人
経済
電話番号 0992
郵便番号 833200
ナンバープレート 新D
行政区画代碼 654003
公式ウェブサイト http://www.kuitun.gov.cn

クイトゥン市(―し)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に位置する県級市

地理[編集]

新疆西北部、天山山脈北麓のジュンガル盆地西南縁に位置する。ウルムチ市から西へ253km、カラマイ市の南、東はタルバガタイ地区沙湾県、西はタルバガタイ地区ウス市に隣接。北疆線が通り、G217国道G312国道が交わる。

主産業は食品加工業、繊維工業など。砂漠に近く、カザフスタンと鉄道で繋がっている。

歴史[編集]

「クイトゥン」はクイトゥン川に由来し、モンゴル語で「寒冷」を意味する。古くから遊牧地だったが、代の1757年軍台が置かれ、屯田兵が移住した。1880年には駅站が設置された[1]。清末には、クルカラウス直隷庁[2]民国期には、ウス県に属する村であった。新中国成立後にウス県クイトゥン郷となる。1958年カラマイ市が設立されると、その一部となった。1975年にイリ・カザフ自治州直属の県級市のクイトゥン市となった[1]

行政区画[編集]

5街道、1郷、その他を管轄:

  • 街道弁事所:団結路街道、烏東路街道、北京路街道、烏魯木斉西路街道、火車站街道
  • :開干斉郷
  • 兵団一三一団、天北新区

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 奎屯概况 奎屯市人民政府 2018年7月10日閲覧
  2. ^ 2015塔城地区基本情况 塔城地区招商局 2018年7月10日閲覧