行先標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

行先標(ゆきさきひょう、いきさきひょう)は、鉄道列車バスに掲出される行き先などを示した板。行先票と表記されることもあり[1]方向板系統板行先板行先標示板ともいう。幕式のものについては「方向幕」の項を参照されたい。列車の前面に掲示され、列車種別ならびに行先を表示する板を特に運行標識板と称することもある。列車愛称のみを掲示するものについては、同じく「方向幕#ヘッドマーク」を参照のこと。

概要[編集]

列車やバスなどの行き先を示すため、車体前面や側面に掲出される。

鉄道車両[編集]

日本[編集]

日本国有鉄道(以下国鉄)では「列車行先札」の電報略号を「サボ」としていた[2]。これは、「サインボード」の略称といわれる。その他にも、中・長距離列車機関車牽引の客車列車を中心とした時代、行き先は車体側面に表示されるのが一般的だったため、それを意味する「サイドボード」や「サービスボード」の略であるという説もある。

行先標の設置方式(「サボ受け」の形状)には差込式、落し込み式、吊り下げ式の3種類があり、また、サボ受けの設置場所も車両により様々である。

韓国[編集]

韓国鉄道公社 (KORAIL) 在来線では、2000年代以降も行先標が主流となっている。韓国では、日本のような種別はなく、列車名によって区別されているため、行先標には「列車名|出発駅→到着駅」のように記載されており、裏面は出発駅と到着駅が逆となっている。なお、行き先には英語とともに漢字でも表記される(ただし、新しい行先標では漢字は省略されている場合もある)。

スイス[編集]

ベルニナ特急の行先標は出発駅(クール)・中間駅(ポントレジーナ)・到着駅(ティラーノ)の表示で「Chur - Pontresina - Tirano」と表記されている[3]

バス[編集]

バスにおいては、日本では幕式が主流となっているが、台湾などでは行先標式が多い。LED式の行先表示器を装備したバスも増えてきている。

号車札・種別札・愛称札[編集]

車両の番号を示す表示として号車札(ごうしゃふだ)、列車種別・列車愛称を示すものに種別札(しゅべつふだ)・愛称札(あいしょうふだ)がある。

号車札は増解結を行う多層建て列車には必要なものでもあった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京駅から被災地へ つなげる・つながる・支援のこころ 震災復興支援イベントを東京駅で開催します (PDF)” (2011年8月12日). 2015年11月30日閲覧。
  2. ^ 正しい「電略」。(上) 鉄道ホビダス「編集長敬白」2010年01月13日版(ネコ・パブリッシング
  3. ^ 『るるぶスイス』JTB、2012年、45頁

関連項目[編集]