ハイラル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイラル川モンゴル語: Хайлаар мөрөн ハイラール・ムレン、中国語: 海拉尔河)は、中華人民共和国内モンゴルフルンボイル市を流れる河川ヒンガン山脈西麓より流れ出て、牙克石市ハイラル区などを通り、伊敏河などの支流を併せ、満州里市アルグン川(エルグネ川)に合流する。

歴史[編集]

ハイラル川はモンゴル帝国が成立した頃よりその名を知られるようになり、『元史』では「海刺児河」として記されている[1]。この時代、流域はテムゲ・オッチギンを始祖とするオッチギン・ウルスの勢力下にあり、伯帖木児ナヤンの乱の際にハイラル川でナヤンの兵と戦っている。明朝永楽3年(1405年)10月にはウリヤンハイ三衛と共に愷臘児韃靼(ハイラル・タタール)の把禿(バト)が明に朝貢しており、これを受けて永楽帝海刺児千戸所を設置している[2]。しかしこの海刺児千戸所は一時的なものに過ぎず、以後ハイラル川流域はアルクタイ等モンゴル勢力の支配下にあった。

脚注[編集]

  1. ^ 和田1959,157頁
  2. ^ 和田1959,157頁

参考文献[編集]

  • 和田清『東亜史研究(蒙古編)』東洋文庫,1959年

関連項目[編集]