デプ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デプ川(デプがわ、ロシア語: Деп,中国語: 傑普河)は、ロシア連邦アムール州を流れるゼヤ川の左支流の一つである。

古くは満州語などのトゥングース語ニンニ川(Ningni bira)、漢語では濘泥河と呼ばれていた[1]

概要[編集]

デプ川の長さは348㎞、流域面積は10,400㎢、年間平均流量は90m³/ sで、オゴロン湖を源流とする。 上流域は山岳地帯で、下流域は低湿地帯を流れる。

参考文献[編集]

  • 承志『ダイチン・グルンとその時代』名古屋大学出版会、2009年

脚注[編集]

  1. ^ 承志2009,210-212頁