アマザル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマザル川
Amur.svg
水系 アムール川
延長 290 km
流域面積 11,100 km²
水源の標高 634 m
河口・合流先 アムール川
流域 ロシアの旗 ロシアザバイカリエ地方
テンプレートを表示

アマザル川ロシア語: Амазар)は、ロシア連邦ザバイカリエ地方を流れるアムール川の左支流の一つである。

満州語などのトゥングース語ではアムバ・ゲルビチ川/大ゲルビチ川(Amba Gerbici)と呼ばれていた[1]

概要[編集]

アマザル川の長さは290㎞、流域面積は11,100㎢で、大アマザル川と小アマザル川の合流によって形成される。10月以降は凍結し、解氷するのは4月下旬〜5月上旬ころのこととなる。流域には104の湖があり、総面積は2.55㎢に及ぶ。

アマザル川(大ゲルビチ川)よりもさらに上流にはゴルビツァ川(ゲルビチ川)が存在し、18世紀清朝(ダイチン・グルン)では両者を混同することもあった[2]

参考文献[編集]

  • 承志『ダイチン・グルンとその時代』名古屋大学出版会、2009年
  • 松浦茂『清朝のアムール政策と少数民族』京都大学学術出版会、2006年

脚注[編集]

  1. ^ 承志2009,210-212頁
  2. ^ 松浦2006,30-31頁