ティルマ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティルマ川
No-nb bldsa 3f169.jpg
水系 アムール川
延長 334 km
流域面積 15,100 km²
河口・合流先 ブレヤ川
流域 ロシアの旗 ロシアハバロフスク地方
テンプレートを表示

ティルマ川ロシア語: Тырма)は、ロシア連邦ハバロフスク地方を流れるブレヤ川の左支流の一つである。

満州語などのトゥングース語ではシヤルミ川(Siyarmi bira)と呼ばれていた[1]

概要[編集]

ティルマ川の長さは334㎞、流域面積は15,100㎢で、小ヒンガン山を源流とする。11月以降は凍結し、解氷するのは4月下旬〜5月ころのこととなる。

17世紀より清朝(ダイチン・グルン)がこの地方を支配するようになるとニオマン川(現ブレヤ川)の調査が行われ、清朝作成の黒竜江流域地図(「ランタン地図」)にはシヤルミ川の位置と名称が記されている[2]

参考文献[編集]

  • 承志『ダイチン・グルンとその時代』名古屋大学出版会、2009年
  • 松浦茂『清朝のアムール政策と少数民族』京都大学学術出版会、2006年

脚注[編集]

  1. ^ 承志2009,210-212頁
  2. ^ 松浦2006,20頁