チャハル右翼後旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 内モンゴル自治区
察哈爾右翼後旗
簡体字 察哈尔
繁体字 察哈爾
拼音 Cháhā'ĕr
カタカナ転写 チャハール
モンゴル語ローマ字転写 Chahar
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
地級市 ウランチャブ市
行政級別
面積
総面積 3,803 km²
人口
総人口(2004) 21 万人
経済
電話番号 0474
郵便番号 012400
行政区画代碼 150928
公式ウェブサイト http://www.cyhq.gov.cn/

チャハル右翼後旗(チャハルうよくこうき)は中華人民共和国内モンゴル自治区ウランチャブ市に位置する。旗地方政府はバイン=チャガーン(白音察干鎮)に設けられている。略称察右後旗

鉱産資源[編集]

鉱産が有名で石灰石大理石アルミニウム石墨等30種あまりの資源が確認されている。そのうち石灰石が最も主要な鉱産物である。この地域の石灰石鉱産が設置された烏蘭水泥廠はこの区域最大かつ再考品質の水泥産業単位である。

行政区分[編集]

チャハル右翼後旗は傘下の5鎮、3郷、2ソムで構成されている。

  • 鎮:白音察干鎮、土牧爾台鎮、紅格爾図鎮、賁紅鎮、六六号鎮
  • 郷:錫勒郷
  • ソム:当郎忽洞ソム、烏蘭哈達ソム

観光[編集]

  • 天鵝湖草原湿地観賞区[1]
  • チャハル藍天蒙古大営:モンゴル族習俗の観光スポット。
  • 千年神樹
  • チャハル火山
  • チャハル阿貴烏拉リゾート村(阿貴廟)

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]