ダウール族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンゴル系民族 > ダウール族
ダウール族
中国語 達斡爾族
拼音 Dáwò'ěr zú
Daur woman smiling.jpg
総人口
132,394人(2000年)
居住地域
言語
ダウール語中国語
宗教
チベット仏教シャーマニズム

ダウール族(達斡爾族)は、モンゴル系民族。中国領内の内モンゴル自治区北部のフルンボイル市黒竜江省が元来の居住地であり、また代の乾隆年間(18世紀後半)には新疆に駐屯兵が派遣され、その末裔数千人が旧駐屯地(現在のタルバガタイ地区)に分布している。人口は約13万2千人。

概要[編集]

清朝時代には、エヴェンキ族オロチョン族、ホゥーチン・バルグ(陳バルグ)などとともにソロン八旗に含まれ、言語、文化などの面で、他のモンゴル系諸集団とはかなりことなる独自性を有しつつ、伝統的に自らを「モンゴルの一部」と認識してきた。中国人民政府が建国直後、国民の民族所属を定めるために行った作業(「民族識別工作」)では、ソロン八旗を構成する諸族のうち、バルガ蒙古族の一部として「識別」される一方、ダウールを含むその他の各族は、それぞれが別個の民族として「識別」され、独立した少数民族の一つとしての地位を付与されることとなった。

ダウールは固有語としてモンゴル諸語に属するダウール語を有するが、自然地理的・人文地理的環境による影響から、従来よりモンゴル語とのバイリンガルが多かった。民族の出自にはモンゴル分岐説と契丹末僑説の2説があったが、現在、中国、日本、ロシアの研究者の多くは、その語彙と伝承から彼らが契丹貴族の大賀氏と関係が深いと考えている。

代より、漁業牧畜狩猟農耕などに従事し、かつてはオロチョン族エヴェンキ族などと交易も行い、皮革と引き換えに生活用品・散弾などの嗜好品をそれらの民族に供給した。

内藤湖南は、夫余の建国者である東明王が生まれた国家である橐離国は、松花江支流に居住したダウール族であると指摘している[1][2][註釈 1]

民族名[編集]

日本語では、「ダウール」のほか、「ダフール」「ダグール」などの表記が広く用いられている。 ダウール語による自称は「ダウール」(Dawur)で、中華人民共和国によるこの民族の正式呼称「達斡爾族」は、このダウール語による自称に基づく表記である。

「ダグール」「ダゴル」はモンゴル語による呼称。ダウール族出身のモンゴル学者オノン・ウルグンゲの著作にも「ダグール」という表記がみられる。

「ダフール」は、清代の中国語音をカナ転写した表記。表記は「打虎児」、「達胡爾」、「達虎里」、「達呼爾」などが用いられた。

言語[編集]

モンゴルの一部と自認していたことから、この民族の知識人はまずモンゴル語の読み書きを学び、また清代においては、彼らの居住地における行政用語であったことから、満洲語満洲文字が学ばれた。その結果として、ダウール語には独自の文字がなく、全般的に、モンゴル語からの借用語が広範にもちいられ、満洲語からの借用語も多い。新疆東トルキスタン)の移住者は、上記にくわえ、隣接するカザフ族の言語を身につけることが期待された。

中華人民共和国の統治下で、ローマ字アルファベットを用いたダウール語の表記方式が考案されたが、公用語として正式採用されるには至らず、公式の場面では、モンゴル語およびかつて満洲語が占めていた地位にとって変わった中国語が用いられる状況が長く続いた。その結果、ダウール語を母語として身につける者が非常に少なくなり(モンゴル語もしくは中国語となる)、ダウール語は「消滅の危機にある言語」のひとつとなってしまった。 あまり一般的ではないが、満州文字を使用してダウール語の発音を表記することもある。

中国におけるダウール族の自治地域[編集]

行政区分 地域名
内モンゴル自治区 モリンダワ・ダウール族自治旗

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 李成市 『古代東アジアの民族と国家』 岩波書店1998年3月25日、76頁。ISBN 978-4000029032
  2. ^ 内藤湖南「東北亜細亜諸国の開闢伝説」『民族と歴史』一 - 四、1919年4月

註釈[編集]

  1. ^ 松本信広編集『論集 日本文化の起源4』(平凡社1971年) 所収 内藤湖南「東北亜細亜諸国の開闢伝説」p251-p252
    東北アジア諸国、すなわち東部蒙古より以東の各民族は、朝鮮・日本へかけて一の共通せる開国伝説をもっている。すなわち太陽もしくは何か或る物の霊気に感じて、処女が子を生み、それが国の元祖となったという説であって、時としてはその伝説が変形して、その内の一部分が失われ、もしくは他の部分が附加さるるという事があるけれども、その系統を考えると、だいたいにおいて一つの伝説の分化したものであるということを推断する事が出来る。その最も古く現れたのは、夫余国の開闢説であって、その記された書は王充の『論衡』である。『論衡』は西暦一世紀頃にできた書であるが、その吉験篇に、「北夷橐離國王侍婢有娠,王欲殺之。婢對曰。有氣大如雞子,從天而下,我故有娠。後產子,捐於豬溷中,豬以口氣噓之,不死。復徙置馬欄中,欲使馬借殺之,馬復以口氣噓之,不死。王疑以為天子,令其母收取奴畜之,名東明,令牧牛馬。東明善射,王恐奪其國也,欲殺之。東明走,南至掩水,以弓擊水,魚鱉浮為橋。東明得渡,魚鱉解散,追兵不得渡,因都王夫餘。故北夷有夫餘國焉。」とある。『三国志』の夫余伝に『魏略』を引いてあるのも、ほぼこれと同じ事で、『後漢書』の夫余伝も、文はやや異なるけれども、事は同じである。この中に橐離国とあるはダフール種族の事である。松花江に流れ込む河にノンニーという河があり、それと合流する河にタオル河がある(ノンニー河は嫩江(一名諾尼江)、タオル河は洮児江を指す)。そのタオル河附近に居住した民族がすなわちダフール種族で、すなわち橐離国である。また夫余国というのは、今日の長春辺から西北に向って存在した国で、この伝説はダフール、夫余両国に関係したものである。

外部リンク[編集]