康家語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
康家語
話される国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
地域 青海省
民族 康家人(回族
話者数 400
言語系統
モンゴル諸語
  • 東モンゴル語群
    • 康家語
表記体系 なし
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 tut
ISO 639-3 kxs
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

康家語(こうかご、拼音:Kāngjiāyǔ)は、青海省黄南蔵族自治州尖扎県回族である康家人が使用するモンゴル諸語に属する言語。

概要[編集]

話者人口は約400人で年々減少しており危機に瀕する言語とされるが[1]、発音、文法、語彙のシステムは、同じ東モンゴル語群であるバオアン語のように周辺言語からの影響による変遷がない。最後の31種類の子音と11種類の母音があり、母音調和をする。また、膠着語で豊富な形態変化があり、語の最後の音節が変化する。モンゴル諸語であるためモンゴル語と同語根とされる語彙があるが、康家語固有の語彙も存在する。また、借用語はチベット語突厥語ペルシャ語アラビア語トルコ語などから借用する。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Kim, Stephen S. "Santa". In: Juha Janhunen (ed.). The Mongolic Languages. New York: Routledge, 2003. pp. 347-8.
  • 斯欽朝克図[=Sechenchogtu]『康家語研究-中国新発現語言研究叢書』(1999)上海遠東出版社

外部リンク[編集]