ダウリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダウリヤロシア語:Дау́рияダウーリヤダウリアダフリアダフリヤダウーリアとも)とはザバイカル沿アムール西部の17世紀以前の古称。17世紀中ごろまでダウール族の領域であったことに由来する。

以下の地理区分に分かれる:

  • バイカル・ダウリヤ(Байкальская Даурия) - ヤブロノイ山脈までのザバイカル地域南部。
  • セレンガ・ダウリヤ(Селенгинская Даурия) - セレンガ川の東の領域。
  • ネルチンスク・ダウリヤ(Нерчинская Даурия) - ヤブロノイ山脈から東の領域。

動植物[編集]

いくつかの生物にこの地域の名前(ロシア語での形容詞形「даурский:ダウリヤの」)が含まれる(括弧内左は学名、右はロシア名):

領域内にはダウルスキー自然保護区ダウルスキー山脈がある。

世界遺産[編集]

世界遺産 ダウリヤの景観群
ロシアモンゴル
Daursky reserve.jpg
英名 Landscapes of Dauria
仏名 Paysages de la Dauria
面積 912,624 ha (緩衝地域 307,317 ha)
登録区分 自然遺産
登録基準 (9), (10)
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

2017年の第41回世界遺産委員会で、ダウルスキー自然保護区や、隣接するモンゴルの自然保護区も含めた2か国4件の保護区がまとめて世界遺産リストに登録された。ロシアとモンゴルで共有する自然遺産はウヴス・ヌール盆地以来、2件目である。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

外部リンク[編集]